金沢から恵比寿に引越して出張先でだらだら飲み歩く記録
DOD BLOG
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メイドカフェ Pochette
2010-02-20-Sat  CATEGORY: 閉店
年の瀬になり慌しくなってきた今日この頃。正月に休む為に今年の仕事を終えようと追い込みに入っている人も多いのではないだろうか。そういう私もそんな感じである。まあそう言ってもまだまだ新人な分そこまでひどくはないのだが、諸先輩方を見てると相当鬼気迫るものがある。そんなわけで疲れ果ててふらふらと片町を歩いていると、なんかメイドさんらしき人が立っている。激務の疲れを癒す為にはメイドさんにご奉仕されるというのもいいかもしれない。というわけで相当強引に話を持っていった気がするが、あまり気にせずにおそらく金沢唯一(?)のメイドカフェであるポシェットさんをレポートしてみることにする。

メイドカフェ Pochette ポシェット
石川県金沢市片町2-2-8 田井ビル3F


場所は田井ビルということであまり聞いたことのない人も多いかもしれない。スクランブルからでいうと北國(銀行?)ビル前から香林坊方面に歩いていくと、ラブロ片町の手前にある。松屋さんやココイチさんの隣あたりというとわかるかな?ぶっちゃけ言うと怪しげなマッサージ店などの看板がビル前に置いてあってどうにもアレなビルではある。

そのビルの前に置かれているビラが右の画像。店の電話番号などはなく、おそらくオーナーの携帯であろう番号が書いてあったので一応モザイクかけておく。しかし色々気になる点の多いビラである。「一般向け」てのはまあ置いておいて「責任の所在を明らかにしていないHP開設者等は出入り禁止です。」てのは私も含まれているんだろうか?(^-^;;; 一度追い出されるのかどうか聞いてこようかな。まぁ「全てにおいて撮影禁止です」ってのも合わせて考えると、やはりメイドカフェという性質上、変なお客さんも来たりしたのであろう。ちょっと神経過敏になりすぎて一般人からすると怖いイメージがある気がしなくもないが。(-_-;;;

てことでビラには値段が明記されているのだが、2人以上なら飲み放題で2時間3000円という料金。1人でも1時間2000円。最初安いなーと思ったが、要するにメイドバーではなくメイドカフェなので、メイドさんは単なるウェイトレスである。お酒を注文すると店の奥で作った酒を持ってきてくれる。あとはひたすら自分達で飲むだけとなる。そういう意味では安いのか高いのかよくわからなかったりするのだが、酒豪の人などであれば充分お得なのは間違いない。
一応壁には張り紙がしてあって、メイドさんを一人専属でつけると60分5000円だとかの値段になるようだ。まあそうなると普通のスナック料金だね。まぁこのブログを読んでる人はおそらく60分5000円を高いと思う人はいないだろうから、いくのであれば是非こちらのコースがいいだろう。だれがつくのか指定できたりするのかとかそのへんはまったくわからないので、出入り禁止じゃなければ今度頼んでみようかな。(^-^;;;
まあどっちにしろキャバクラじゃないので、隣に座って云々みたいなことは無い。まぁ言わなくてもわかるか。あ、ちなみに料金は前払い制だった。

てことで中の様子だが、内装的にはお世辞にも豪華とはいえない。なんか空き部屋だったところに強引にソファーとテーブルを置いてみました的な手作り感が満載である。ただ、私的なイメージで言うとカナザワメイドクラブさんよりも、頭の中にあったメイドカフェのイメージに近いものがある。そういう意味では実にメイドカフェらしい雰囲気のお店である。
一応横並びのソファー(一部ボックス)と、カフェらしく4人掛けのテーブルが2セット。カウンターはボトル置き場のようになっていて座れそうに無い。ボトルのほかに人形とかが置いてあったり。何の人形なのかよくわからない物が多かったのだが、とりあえず的にドラゴンボールとかガンダムの人形を置かれるよりはガチな香りがしていいね。
照明が普通の蛍光灯なので、雰囲気的にはお店というより零細企業の事務所みたいな感じ。色温度の低い暖色系の蛍光灯とか間接照明とかそういうのだけでも結構変わるとは思うのだが、あくまでもカフェという部分にこだわっているのかもしれない。照明度合いで風適法が適用されるかどうか変わったりするので、そういう絡みかな。

お酒の種類はカクテルをメインにわりと豊富だが、作りなれてないせいか頼んでから持ってくるまでに相当時間がかかる。注文すると、カウンターの奥にいって酒を作り始めるが、奥にいるオーナー(?)に作り方を確認したりしてる。まあメイドさんがプロ的なバーテンダーな前述のメイドクラブさんといい意味でかぶってないあたりがいいのかもしれない。メイドさん目当てにくる人はこういうちょっと残念な部分があるくらいが「萌え」になるのかもね。

本題のメイドさんだが、この日は3人。18-22歳ぐらいかな?一人はなんか常連グループに付きっ切りだったので前述のコースを頼んでいる人だったのかも。容姿的には充分ホステスとしても売れっ子になれるであろうと思われる。ていうか話を聞いていると実際にもともとキャバクラで働いていたそうで、メイド服を着てみたかったのでバイトしているそうだ。まあキャバクラで働いていたってのがカワイイの代名詞になるかというと微妙だが。キャバって言っても色々あるしな。
ただまあ全員ってわけでもなさそうで、お客さんに話しかけられても何をしゃべっていいのかわからず固まってしまうメイドさんなんかもいた。まぁ客層的にはそちらのほうが喜ばれそうではあるが。

客層としては、若者の常連ぽい3人ぐらいのグループは常にいそうな感じ。あとはなんか男だけで入ると恥ずかしいからみたいな感じで同僚の女の子をつれてきているサラリーマン軍団などの、どちらかというと「メイドさん」という見世物を見にきている見物客みたいなお客さんが今のところメインかもしれない。
まあ正直、純粋にお酒を楽しむとかそういうお客さんはいない。そういう部分もカナザワメイドクラブさんよりはかなり特殊な雰囲気を味わえそうである。

男同士や一人ではいる勇気がなければ、たまに呼び込みなんかをしているようなので、ビルの前を通りかかった時に前にいるメイドさんに聞いてみるといいだろう。内装や接客などまだまだな点も多いといえば多いが、逆に言うと値段相応なサービスで楽しめるお店でもある。今から片町に繰り出す前の作戦会議の場所としてなどに使うなどすると面白いかもしれないね。
出入り禁止になってなければまた行ってみようと思います。(^-^;;;
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
かにいちもん
2009-12-06-Sun  CATEGORY: 閉店
せっかく年末の忘年会シーズンで片町の情報をみんなネットで調べまくっているという状況の中、まったく更新する暇がなくてもどかしい毎日であるが、例によって文章量の少なくて済むグルメ関係から書いていこうかと思う。ふと裏道を歩いていると見つけたなんか新しく出来ていたうどん屋さん。かにいちもんという看板だが、住所を調べてみると「うどん屋いちもん」とかになっている。まあこのブログは現場至上主義なので、看板の名前優先で通すことにする。

かにいちもん
石川県金沢市片町2-21-14 松光ビル1F
TEL 076 ( 261 ) 3322


かにいちもん
場所は松光ビルとなっている。スクランブルからで言うとエルビル方面に歩き、コンビニポプラ手前を左に進んでいくと看板が見えてくる。もうちょい片町に慣れている人向けに言うと、オーロラビルの裏口を出て左手というとわかるかな。

中はまずカウンターが10席ほどならんでいるが、奥の方には宴会スペースもあったようだ。一応20人強の宴会も可能となっているので、まだ忘年会の予約が取れていない幹事さんにはお勧めかもしれない。ちょうど私が行った時は奥の方で大学生ぽい人たちが宴会の途中だった。基本的にうどん屋さんなのだが、お酒のサイドメニューなんかも多くて普通に飲み屋として訪れてもよさそうである。

kaniichimon2.jpg■月見とろろぶっかけ
とりあえずうどん屋さんなんだからということでうどんを頼んでみた。讃岐うどんなのでモチモチ系のうどん。小麦粉は四国から取り寄せて、つゆは北陸産と謳ってあった。釜揚げと迷ったが、それは次の機会に。
注文してから作り始めるので出来立ての美味しいうどんを食べられる。当然、出てくるまで時間は多少かかるので同伴とかで時間がない時は気をつけたほうがいいかもしれない。うまいうどんは時間がかかるんだよね。客が来るまでずっとゆでてる感じの店だと、すぐ出てくるけどボソボソした食感で美味しくない。(-_-;;;

ラーメンよりうどんが好きな私には最近うどん屋さんが多くなってきてうれしい限りである。また今度は違うメニューも頼んでみよう。(^-^
トラックバック0 コメント0
YOU ANGEL
2009-11-24-Tue  CATEGORY: 閉店
ちょっと時間が空いたが、笑宿さんの次にも色々行っているので、順に紹介してみよう。まずはYOU ANGELさん。こちらにもブログがよく更新されて来ているので、ご覧になった方もいるだろうか。

YOU ANGEL ユーエンジェル
石川県金沢市片町2-25-3 清和第一ビルB1F
TEL 076 ( 231 ) 7721
http://a5navi.com/shop-youangel.html


場所は清和第一ビルという事で、スクランブルから言うとエルビル前を通り越し、コンビニのポプラも越えて次のローソンの手前を左に入ったすぐのビルだ。有名なお店で言うとPIXYさんとかがあるところ。パティヒルさんの目の前だな。階段を下りてすぐのところである。


ジャンルとしてはガールズバーということになる。スタッフは女性ばかりだが、ホステスさんではなく基本的にバーテンダーなので、シェイカーを振ってカクテルなどのお酒を提供するのがメインだ。とはいえその合間に交わされるトークは軽快で、お酒が弱い人でも楽しいひと時を過ごせるだろう。
ちなみにバーテンダーとは、バー(bar)での世話役(tender)という意味らしい。wikipediaより。ということは男女関係なくバーテンダーでいいのかなぁ。


内装はカウンターメインだが、奥に一席だけテーブル席があった。まあでも大人数の収容は難しそうである。4人以上でいく場合は事前に電話で確認したほうがいいだろう。

バーということでやはり客層的には一人や二人組の背広な人が多い。店内はいたって落ち着いた雰囲気。ただまあ髭のマスターが一人でやってるような重厚なショットバーとは違うので、にぎやかな場合も多いようではある。女の子も普段はバーテンダーに徹しているが、興味のある話題が出てきたりすると一転してテンションが上がったりする。そういう意味ではスナック的なノリで訪れても大丈夫かもしれない。まあ東京や大阪なんかだとガールズバーやレディースバーって結構定着しているようだからね。県外の方のほうが雰囲気とかは伝わるかもしれない。

とりあえずはあまり飲まないカクテルを頼んでみる。カクテルはぜんぜん詳しくないのだが、一応ivory coastさんとかMAID CLUB dueさんとかで色々聞いたぐらいの知識で頼んでみる。XYZとギムレット。普通に飲んでたが結構強い酒だったらしく、後々あまり記憶がなくなっている。

そろそろ閉店ってところでチェック。次のお店へ。
その後の話の流れで、ポータルサイトの方で写真掲載をする流れになったのだが、その時に取った写真の中からオフショット的なものでも掲載してみる。ちなみに今掲載しているのは暫定写真なので、リニューアル後はもっと大きくて綺麗な写真に差し替える予定。お楽しみに。^-^)ノシ
トラックバック0 コメント0
NATURAL CLUB Felice
2009-11-09-Mon  CATEGORY: 閉店
というわけでようやく落ち着いてきたので新店レポートを書き殴ってみる。
ちなみに現在は、一年弱のブランクの穴埋めとでもいう感じで付き合いのある店を順番に回っていた感じ。体調不良の件や転職の経緯なんかを説明しにいってた感じだね。なので毎週のように片町にはでているが、レポートするような感じで飲みに行ってたわけではなかったりする。まあいわゆるそういうお店にだいたい回りきって、色々新しいお店にもいく余裕が出てきたかなという状況なので、ようやく落ち着いてきたかな、と。

まあそれはさておき新店レポートだが、そもそも殆どのビルで入れ替えが多く見たことのないお店が結構ある。なのでどこから手をつけたものかと思ってたのだが、ちょうど知り合いのポン引き君にこれまた久しぶりに再会し、ちょうど良いので連れて行ってもらったのが今回のフェリーチェさんである。

NATURAL CLUB Felice フェリーチェ
石川県金沢市片町2-21-10 片町コアビル7F
TEL 076 ( 232 ) 4411


片町コアビルの7階といえば、よざくらさん跡地。スクランブルから8番らーめんに向かって歩くと右手にあるビルだな。気になる関係としては、同じ経営者なので同系列だが、どちらかというとダリアさんだとかそちらの系譜らしい。いわゆるキャバクラ部門ってとこかな。

テーブルなどのレイアウトは結構変わってはいるが、内装的にはよざくら時代とあまり変わってない。大き目のボックスが細かく仕切られたぐらいか。店内は割と明るくて、怪しげな感じはなくどちらかというと健康的。そういう意味ではキャバクラ(夜店)初心者にも抵抗なく入れるかも。
客層的には30~40代のサラリーマン2~3人組みが多い感じかな。なので店内は割と静かというか落ち着いた雰囲気。このあたりは昔のダリアさんと似てるかもしれない、っていうかその時のお客さんが多いのだろうか。女の子のドリンクも800円ぐらいと、どちらかというとスナックレベルの値段設定なので、気軽に立ち寄れる感じではある。ボーイさんも呼ばれない限り奥で待機し、控えめに行動している辺り好感触であった。

てなわけで女の子の登場だが、なんか写真に関してわりと理解がある娘で、掲載許可をもらったので載せてみる事にする。なんか色んな雑誌でお店の広告なんかに出てるという一条亜沙美さん。一眼レフカメラじゃなくてビデオカメラでとったので画質があまりよくない分、大きさでごまかしてみる。
一条亜沙美
しかし写真はやはり楽だね。何の説明もいらなく、一目瞭然というか。これを機にどんどん写真数を増やしていかないとな。ただ飲み始めちゃうとついつい忘れちゃうんだよね。(^-^;;;

このあとに付いたもう一人の娘も、むしろ昔撮影モデルをやってたとかで写真をとったのだが、ピントもボケまくってて残念ながら掲載できるレベルの写真がなかったのが残念。

そうこうしているうちに時間となり清算。
財布の中には一万円札しかなくて駐車場の清算機で使えないので、マクドナルドで100円のハンバーガーを買って両替しようと思ったら、なぜか普通に100円払ってハンバーガーを買っていたという小ボケをかましながら駐車場にて一泊。そろそろ寒くて車中だと眠れなくなってきた。(-_-;;;
トラックバック0 コメント0
ナチュレ
2009-08-13-Thu  CATEGORY: 閉店
色々間にイベントがあって間が空いたが、実はPierceさんの後に連れて行かれたお店。サカノビルのナチュレさんである。詳しくは知らないが、某事情通によると元々は夢館ⅡにあったDIORというお店が移転して名前が変わったらしい。前もそういえばカラオケとかがあって割と共通点があるような。

ナチュレ
石川県金沢市片町1-9-20 サカノビル3F
TEL 076 ( 264 ) 8038


場所はサカノビルということで、スクランブルからだとコンビニ前からスマイルホテル方面に向かい、ホテル手前を右に曲がって歩いて3分と言ったところか。女子寮の呼び込みさんが立ってるあたり。多分立て看板も出てたんじゃないかな。

一人は前述の通りすでに睡魔に襲われていたので、残った二人で飲みまくったが、結論から言うとその連れはこの日に行ったお店の中でナンバーワンの評価をしていたようだ。まあどちらも記憶にあるのか甚だ疑問ではあるが。

店内はわりと広めで薄暗い感じ。なんか熱帯魚とかがあって、怪しげな暗さと言うよりはなんか水族館の様な神秘的な薄暗さ。水槽からの明かりで照らしてる感じ。カウンターはほぼ皆無でボックスメイン。奥行きがあるレイアウトで、キャバシティとしてはわりと大人数でも収容できそうな、飲み会の二次会で大勢入れるお店を探してる幹事さんにはいいかもしれない。
客層としては30前後が多そうかな。飲んでてあまり周りを見てなかったのだが、たまにトイレに行く人や、カラオケの選曲なんかから予想すると、あまり若い人や中高年層はいなかった。クラブに行きなれてる中高年層はともかくとして、若い人があまりいないのが意外と言えば意外かな。まぁサカノビルって時点で裏通りだし、若者向けじゃないのかもなぁ。

前述のようにこの時は3人で行ったのだが、ボックスに通されて女の子は2人ついた。まぁ正直カラオケがしたいということで来たお店だったりするので、あまり女の子とは喋ってない気がする。特に私は。他の2人は色々話してたようだが。なのでどんな子がついたのか正直よくわからないが、私の目の前にいた娘はギャル系な感じ。前の記事でも書いたけど、その県外のツレは若い娘が好きな男なのでピッタリだったのかもしれない。ある意味「若く」なくても「若そう」ならいいんだろうな。(^-^;;;

カラオケメインで行ったお店なので全然問題ないのだが、他のお客さんもずっと歌って店内は常になにかが流れてるような状態。といっても客層的に演歌とかはあまりなく、エヴァンゲリオンのテーマとか最近流行のアイドルグループ(全く知らない-_-;)の歌とかポップな曲が多く、そういう歌が嫌いじゃなければ特に問題はないだろう。
みなさんも演歌とかロックとかを歌ってる人がいると感じた事があるかもしれないが、自分が知ってる曲ならあまり苦にならないのだけど、自分が知らない曲を歌ってる人がいるとそれは単に会話を邪魔する騒音でしかないわけで、この日はエヴァンゲリオンぐらいしか聞いた事がある曲がなかった。そういう意味では、カラオケ設備というのは客層を縛る要因とも言えるかも知れないね。

接客はスナックなのでベッタリとマンツーマンという事もなく、お酒の供給とカラオケの登録をしつつ手が空いたらこちらの会話に突っ込んでくるぐらいの感じ。一人で行くとまた違うのかもしれないが、基本的にはお客同士での会話を聞きつつ、間が空いたりなんかするとネタを振ってきたりとサポートに徹していたね。
まぁカラオケボックスとか嫌いなのでこういう店で歌ったりするだけで、実際やってる事はカラオケボックスと同じだったりするので、接客に関しても今回のレビューはあまりあてにならない気はする。参考程度にどうぞ。(^-^;;;

というわけで最後に残った酒を一気に飲み干してチェック。1人はもう眠そうで1杯目のビールすら飲みきれてないな。前日最初に寝て最後に起きた男とは思えない。(-_-;;;

総評としては、和服やスーツやドレスなどの夜店的な感じはなくギャル系の私服っぽい雰囲気なので、20台~40台ぐらいが4~5人の団体で行くのがベストかも。マンツーマンではないので充分に盛り上がってから行った方がいいかもしれないね。
ということでここまで書いて気づいたが、全く写真がないな。(>_<;;; 近々また片町出ると思うので、その時こそカメラ持って激写してこよう。百聞は一見に如かずって言葉もあるしな。orz
トラックバック0 コメント0
Club Pierce
2009-08-06-Thu  CATEGORY: 閉店
8月になろうというのにまだ露もあけきらないのかと思うぐらい雨ばかりで結局花火大会には行かずに片町で飲んでるという健全な週末を迎えたので、久々のレビューを書いていくことにしてみる。つっても実際は花火大会の日は晴れたらしいんだけどね。行った友達にいわすと煙だらけで見にくかったとか。

というわけで友達のアパート近くで夜飯を食べたあと、有志を募って片町へ。一緒に行った連れに希望を聞くと、安くて若い子がいる店との事。夜店経験者とも思えない無茶な要求をかなえるべくいくつかまわったが生憎予約等で入れず。ちょうどエレベータで同席した酒屋のお兄ちゃんにお勧めを聞いてみたところ、夢館IIのピアスというお店を紹介されたので、何も迷わず行ってみた。

Club Pierce ピアス
石川県金沢市片町1-11-14 夢館Ⅱ4F
TEL 076 ( 265 ) 6237


いまさら書くまでもなくおなじみの夢館II。一応書いておくと、スクランブルのミスタードーナツ前からパチンコ屋方面に歩いてすぐの交差点近くにあるビルだ。一応交差点にあるのはポニービルなのでお間違いの無きよう。夢館IIは左に曲がって5歩ほど歩いたところにある。

夢館Ⅱの4階って何があったとこだっけと思って当ブログを検索したところ、Doubleというお店の跡地のようだが、内装はけっこう改装されていそうであった。前のを覚えてないだけか?(^-^;;; 予想になるが、前のお店がなくなってからなのでおそらく開店から2年ぐらい経ってるであろうか。キャバクラは一時期半年ぐらいでつぶれるお店が次々と開店していてそうとう怪しげな時期があったのだが、そういう意味では長期経営を視野に入れた健全な優良店であるといえるであろうか。しかしこの店もともとスペース237ビルあたりになかったっけ?なんかあの辺で昔看板を見た気がするんだけど。いやそうだったとしても別にいいんだけどね。

というわけで一緒に行った3人で中に通され、奥のボックスへ。店内はわりと明るめで、仕切りもあまりなく見通しのいい感じ。豪華なシャンデリアとか家元による生け花とかの凝ったオブジェがあるわけでもなくシンプルにまとまっているが、あまり安っぽいという感じはしない。派手好きで煌びやかな内装が好きな人はあまり好きじゃないかもしれないが、自分的にはちょうどいいぐらいかな。
この日の客層的には、近くのボックスに40台ぐらいのおっちゃん達が一組と奥のほうに2~3人組み程度のお客さんがちらほら。目が悪いんでそっちのほうはどんな人たちかよく見えなかったが、まあ少なくとも若者がよって騒いで暴れてるような感じではなかったので、年配の人でも安心していけると思われる。

そうこうしてるうちに女性陣があらわれた。軽く見た感じだが、どちらかといえばキャバ嬢というよりはクラブのホステスとしても通用しそうな感じの人が多そう。スーツとか着てたからそう見えたのかもしれないが。着てる洋服の印象って大きいよね。(^-^; 自分に付いた娘と話しながらみんなの方も色々見てたのだが、いわゆる友達接客とか恋愛接客ぽい感じではなさそうで会社の上司を連れてきても安心そうな雰囲気である。
私も久々の片町ということでテンションが高かったせいもあってか、久しぶりに自分から名刺くれと言って貰って来たな。まあそのわりに、一週間が経とうかという今日に至ってもまだメールすら送ってはないのだが。筆不精なんですよね実は。(´ェ`;;;
最初の娘たちがいなくなって第二陣に入れ替わると、わりと格好とか喋りの内容も若い目のメンバーになった気がする。ああ君は派遣だよね?って聞きたくなるような。接客も無言が多くなり気まずい空気が流れることもしばしば。そうなってもこちらから話を振らないと会話が進まないわけであるが。(-_-;;;
あとで聞いた話によると、最初に付いた娘はオープン当初からいる娘だそうで、多分人気的にもナンバーワンなのかな?まあどのお店でも出来る娘と出来ない娘はいるのだが、新規客の確保の為に最初に選りすぐりの娘をがんばって揃えてくれたのだろう。そういうお店の心意気というか必死さは個人的には好きだったりする。総合的に見ていい印象なのはその辺もあるな。

いいお店かどうかはどこで判断しますか?と最初の娘に聞かれたのだが、その時はボーイの態度と答えておいた。まあ本当ではないが嘘でもない。当ブログを昔から読んでいる方がいれば、私がいままで店内でのボーイの態度をよく見ていたことはご存知だろうと思う。普通の人はあまり見ないと思うけど。(-_-;;;
というわけでこの店のボーイさん達であるが、特に私語もなく、暇そうにたむろってるわけでもなく、きちんと女の子の接客をサポートする黒子に徹した働きぶりであった。女の子と違って直接売り上げに関与する立場ではないのだから、不真面目なお店ほど手を抜いてしまう部分でもある。そういう意味では評価の基準としては正しいのかもしれないね。

長くなったが、ひさびさなので調子を取り戻すまでこんなまとめきらない感じでいくかも。
総評としては、ドリンクなんかを入れると決して安い店ではないが、想像よりも値段相応のちゃんとした綺麗なお店だった。みんなでワイワイという感じではないので、少人数でいくほうがいいかもしれない。あとビール飲み放題と言っていたが、銘柄を聞くと発泡酒だったのはご愛嬌。

すでに眠そうな一人を、ウコンを飲んで元気な二人で抱えつつお店を後に。^-^)ノシ
トラックバック0 コメント0
さんびきの子ぶた
2008-12-18-Thu  CATEGORY: 閉店
なかなか最近はいろいろと多忙で新店開発する時間もないのだが、それでもなんとか時間が空いたら飲みに行くようにはしている。そんな中この日は夜の11時頃に時間ができたので、近場なら1店ぐらいはいけるなということでどこに行こうか吟味してみた。小松に近い所にいたので、小松か山代温泉かなと思ってたのだが、ここはひとつ前から気になっていたさんびきの子ぶたさんに行ってみることにした。
小松をいろいろ歩き回っていた時にエレベータ前でぼーっとして、いろんなお客さんの話に聞き耳をたてているとどうやらほとんどの人がここに行こうという話をしつつエレベータに乗っていくのを見て、ああ小松ではここが人気なんだなと思っていた記憶がある。名前的にもなんか片町のまいごの子猫さんに系統が似ている感じもするしね。というわけで、なにがそんなに人気なのか行ってみることにした。ちなみに時間は日付が変わる少し前。(^-^;;;

さんびきの子ぶた
石川県小松市土居原町202-1 プレジデント202ビル3F
TEL 0761 ( 21 ) 9099


場所は前のpourさんと同じくプレジデント202ビル。というかほとんどの店はこのビルに集結している感じではあるが。小松駅の目の前ということで、小松周辺に出張の人などで地理に疎い人達にはありがたい立地である。

このブログを見ている人は片町をメインとして遊んでいる人だろうと思う。実際私もそうなので、たまに小松で遊ぶと料金体系などが片町とはずいぶん違うことに戸惑ったりする。
片町で主流のセット5000円で飲み放題とかそういうのは基本的に小松や加賀ではあまりないらしい。片町的な感じでいうと、小松のスナックはむしろバーに近い。このお店もそうだが、小松ではチャージ1500円+ショット代金というのが主流らしく、ビル内のほとんどのお店が同じ料金体系でやっているとか。当然ボトルを入れればまた違うんだろうけどね。
ショットバー好きな私にはわかりやすい料金体系ではある。(^-^*

相変わらず長い前置はこの辺にしてとりあえず行ってみる。エレベータにて3階に行くとすぐ左手に入口がある。平日の深夜という事もあり、この時は常連さん的な感じの人が3組ぐらい。スタスタとカウンターに向かいショットで焼酎を頼んでみる。客層的には30~50ぐらいの自営業的なおっちゃんが多かったかな。女の子はママと4人ほどの女の子。カウンター8席ほどとボックスが3セットほどで、このあたりは片町のスタンダードなスナックと同じぐらいの設備である。
女の子は20~25歳ぐらいかな。おとなしい様な子はあまりいなさそうで、みんなよく喋るしよく動く。どちらかというとじっくりお話しましょう的な感じではなくハイテンションな感じか。始めて行った割にはあまり堅苦しくもなく気さくな感じ。同年代の友達と2次会ぐらいに大勢でいくといいかもしれないね。
店内にはなんかR&B的なPVが流れているが、機材だけをみるとカラオケもできるようだ。歌ってるのを見たことがないのでしらんけど。そういやここも鏡月が無かったかな。頼めば出てくるだろうけど、メインのエントリーボトルはいいちこっぽい感じ。なんでもかんでも鏡月っていう流れが収まってきたのであればうれしい限りだ。いや好きで飲んでる人ならいいんだけど。

常連さんも帰って閉店間際にママと話をしていると、どうやら同じビルで「coffre」というお店を息子さんがオーナーとして始めたらしく、スタッフは現在そちらに流れているとのこと。興味があればそちらもいってみると面白そうだな。

というわけで郊外の記事だが実はこれもかなり昔に行った時に書いた記事だったりする。微妙に途中までで止まってる気もするが、忘れかけてる物を適当に思い出しつつ書くと信憑性の面で問題もあるのでこのまま投稿することにする。なかなかプライベートが落ち着かないもので、いろいろご迷惑をかけている人もいて申し訳ない限り。なんとか春までには…。
トラックバック0 コメント0
新ばし 江戸銀オントロギー
2008-10-06-Mon  CATEGORY: 閉店
ちょっと色々あって久々の更新。まあ毎年8~9月頃は更新が止まるので、またかと思ってる人も多いだろうけど。まあその辺の話はまた追々。てことで今回東京は新橋からやってきた江戸銀オントロギーさんだが、実はこの店に行ったのは8月頃だったりする。このお店のマスターがいつもの飲み友達の会社の同僚の親類(?)で、東京出張時によく行っていたお店という事で紹介してもらったという流れである。

カタカナでオントロギーと読みが書いてあるのだが、綴り的にはオントロジー?ギーだとOntologieじゃないかな?まあ意味は存在論とかそういう感じ。意訳的にいうと包括的な技術の研究・追求における背景案だとかそういう感じで、哲学用語から派生して最近はエンジニアの世界でもよく使われる。まあ私は使ったことないけど。(o_o

新ばし 江戸銀 Ontology
石川県金沢市片町1-7-12
TEL 076 ( 264 ) 0577
http://a5navi.com/shop-ontology.html



場所は犀川沿いの裏手。エイトビル横からはいっていってすぐのところだ。よく目につくところにあるんで写真でなんとなく思い出す人もいるんではないだろうか。私もどちらかというと、江戸銀という年季の入った看板と名前なのにフレンチな感じのお洒落なドアのミスマッチでいったい何屋さんなんだと思っていた記憶がある。(^-^;;;


というわけで中に入ってみる。インテリアは細長い感じで手前にテーブル席が2つ。奥にカウンターが8席ほど。マスターとアシスタント的なスタッフが男女1名。洋風というよりは欧風という感じの店内だな。

カウンターに座って色々とメニューを見てみる。やはり新橋からの出店ということもあり、なかなか北陸とは違う魚の名前が色々並んでいる。関東から出張で金沢に来ている人などにはありがたい事この上ないのではないだろうか。いわゆるソウルフード的なね。東京の秋葉原でカレーを頼むとチャンピオンカレーが出てくるような感じだろうか。いやちょっと違うか…。
魚以外にも肉料理やサラダなどスタンダードメニューは豊富。カレーやパスタからステーキ、エスカルゴなんてのもある。コース料理もあるので小規模であればこれからの忘年会シーズンにもいいかもしれない。

このときは自分たち二人と別に、カップルらしき男女二人。雰囲気のいいお店なのでデートにもいいかもしれないね。お店自体は創業50年(?)ぐらい続く伝統のお店で、東京では知る人ぞ知る名店として有名だったとのことだが、酔ってたので聞いた話全部忘れました。また今度聞いてきます。(-_-;;;

総評としては、多少値段は高めだが片町にはあまりない品揃えの本格レストランという感じ。特に江戸前の海鮮メニューは関東出身者にお勧めか。和気藹藹という雰囲気ではなく、スタッフはみんな寡黙に仕事をこなしているような印象でとても信頼できる。カップルや夫婦で行くのが最もいいかもしれないね。ていうことで帰宅。^-^)ノシ
トラックバック0 コメント0
やまくじら (2)
2008-07-14-Mon  CATEGORY: 閉店
とある人との待ち合わせに久しぶりに片町へ。片町で酒飲んだの2ヶ月ぶりぐらいだ。orz

適当にショットバーでも良かったんだけど、例のごとくなにも食べてないのでひさしぶりにやまくじらさんへ。なんか60人前の出前を頼まれてテンヤワンワな所だった。ビールと一品を頼み、しばしマッタリ。

yamaku.jpg■ 生春巻サラダ
なんか高いお店に飲みにいくと前菜として出てくることが多いような気がする生春巻。ピリ辛のソースと中のサラダの歯ごたえが魅力。


ビールを2杯ほど飲み、ささっと話をしてチェック。そういやお店に置いてある日本酒やビールは、あばれ祭りのラベルが貼ってあった。どうやら地ビールや地酒を造っているらしい。一度そういうのも飲んでみたいなと思いつつ、11時半の約束なのに1時近くになっても連絡がないのでとりあえず帰路へ。(^-^;;;
トラックバック0 コメント0
キッズカフェ ぶんぶん
2008-07-11-Fri  CATEGORY: 閉店
カテゴリを郊外にしようかその他にしようか迷ったんだが、とりあえず郊外で。片町でもなければディナーでもないが、一応このブログでも紹介したViViの(元)ママがはじめたカフェのぶんぶんさんということで、ViViつながりで書いてみる事にする。微妙に片町のお店に行くと「アレ行きました?」と聞かれることも多いので、そういう人向けに書いてみるという意味もあったりする。まあ一番最初はイベントの案内を貰ったので、じゃあ色々話を聞くついでに昼飯でも食べに行きますよという流れだったのだが。


お店はキッズカフェということで、ようするに子供向けの遊技場やなんやら色々設備がそろっている喫茶店的な感じ。この日は若いママとその子たちが5~6人ほどで来ていた。基本ターゲットはやはりそういう人たちだろうと思う。子供連れじゃなくても妊婦さんとか保育経験者なんかが子供の喧騒に癒されに行くとかもあるのかもしれない。基本的に私みたいに独身の男一人で入るのはかなり上級者向けなんで、素人にはあまりお勧めしない。(^-^;;;

といいつつも、金沢での運転暦8年を数えようかというのに未だに迷子になることが多い地理音痴の私なので、この時も当然軽く迷ってしまった。というわけで場所なんかの説明を。周りの雰囲気は写真を見てもらえばわかるかな。お店は左側のビルの1階だ。しかしまた露出全開だな…。
横川の交差点近くと聞いていたので、横川の交差点あたりをぐるぐる回っていたんだが、気分転換に一本隣の道路を2往復ぐらいしているとちらっと看板が見えた。車を止めてちょっと歩いて戻ってみると、ちょっと中に入ったあたりにありましたよ。いわゆるヤマチクの向かいだな。横川じゃなくて横川南の交差点だった。マニアックな説明で言うと海蔵や豚蔵、ジョイフルの近く。海蔵もいつかレポートしたいもんだな。

bunbun3.jpg■ 心替わりランチ
いわゆる日替わりランチ。名前の由来は不明。お店の雰囲気や名前的に、離乳食や甘い物ばっかりなのかなと思っていたのだが、ちゃんと成人向けのご飯も食べれるようだ。後ろにはサラリーマン風の二人組み。帰り際には男性一人がカウンターに来ていたので、グルメとしても通用するのかもしれない。一応照明器具は持っていったんだが、ちょっと客数が多かったので自重して店内の照明だけで。簡易レフ板も当ててるんだが、そもそも店内が間接照明なのであまり効果がない。まあいいか。

bunbun4.jpgんでそのイベントってのが、今井ゆうぞうさんという人が来るっていうものらしい。いわゆる「歌のお兄さん」の人だ。まあ詳しくはこちらの詳細ページに色々載ってるのでチェックしてみてほしい。

私なんかの年代だとあまり知らなくて、ひろみちおにいさんとしょうこおねえさんぐらいしかパッと出てこないのだが、知ってる人にはカリスマ的な人気があるようで、既に大阪の人から申し込みが来ているとかどうとか。一応時間があれば当日も取材に行ってみようかなとは思ってるので、またその時はここでレポートしてみようと思います。ではでは。^-^)ノシ
トラックバック0 コメント0
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Copyright © 2017 DOD BLOG. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。