金沢から恵比寿に引越して出張先でだらだら飲み歩く記録
DOD BLOG
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年 2月 総評
2006-02-28-Tue  CATEGORY: ニュース/イベント情報
■ 総アクセス数(PCのみ):2398hit + α
引越前のJUGEMのアクセスが1600ほどで合わせて4000ほどか
ちなみに携帯のアクセスはFC2は記録できないので不明…(>_<

■ ランキング状況
人気blogランキング(北陸):18位
FC2 blogランキング(北陸):1位 (^o^)v

■ 逆アクセスランキング
1.Gokuu! 6割ほどでダントツ m(_ _)m
2.Yahoo! 2割ぐらい
3.Google 1割ぐらい

■ 検索ワードランキング(店名)
1.クラブ利恵(記事じゃないのに @w@;;)
2.女子寮(!?)
3.eS-butterfly market- eS-Nines cafe- (同程度)
4.G-AROMA DAHLIA まいごの子猫 (同程度)

始めてまだ一ヶ月にもかかわらず、多数のアクセスを頂きましてありがとうございます。アクセスが増えれば増えるほど、お店に対しても広告価値が出てくるので取材に協力的になり、店内の写真やキャストのグラビアなど、より突っ込んだ取材が出来るようになっていくと思いますので、これからも応援の程よろしくお願いします。(^-^
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
CLUB DEEP
2006-02-28-Tue  CATEGORY: 閉店
地元の人間には割とビルやエリアを聞くと大体どんな店かわかるという判断基準のようなものがある。例えば金劇パシオンといえば高級ラウンジ。夢館といえば人気キャバクラ。エルビルといえば数多のスナック等など。なのでパシオンに行って来たというとそれだけでスゲーとか言われたりするもんである。ということで今回のお店は清和第一ビルにあるCLUB DEEPさん。清和第一ビルといえばどちらかというとボーイズバーのメッカというイメージがある気がする。エリア的にはスクランブルから入江方面に少し離れた所にあり、近くには女子寮本店をはじめエイケンレジャックビルなどの風俗的なお店が多いことでも有名だ。
CLUB DEEP
石川県金沢市片町2-25-3 清和第一ビル7F
TEL 076 ( 264 ) 1190

そんな感じでスクランブルでうろうろしてるとG-AROMAさんの街宣から声をかけられたんだが、以前行った事があるんで違う店を紹介してくれと言ったところ近くにいたCLUB DEEPさんの街宣を紹介してもらったというわけだ。

テクテクと街宣につれられてビルに向かう。エレベータで7Fについてまず降りると、なにか洋風レストランのような品のある廊下が見える。そこを街宣につれられて中に入っていく様はなんとなく高級感を漂わせている感じだ。途中で女の子も立ち止まって会釈をしていくなどなんだかビップ待遇な感じを体験できるお店かもしれない。そして廊下を進んでいくとボックス席が周辺に配置してある大き目の部屋があり、その奥にも小さ目のボックスがある部屋が続いている。全部で50人ぐらいは入れそうな広い空間だが、店内がすげえ明るくてしかも各ボックスが向かい合った感じになっているので、対面の席の人とよく目が合ったりする。つぶれちゃったけどセキビルにあったキャバクラozoneを思い出すね。まあなんかキャバクラというよりは、空港の待合室っぽい印象で斬新だった。

最初は10人掛けぐらいの広いボックスに一人通されて持て余していたんだが、ちょうど団体のお客が来たということで狭目のボックスに移動することになる。んーこの方が落ち着くねという私はやはり貧乏性なのか。子供の頃押入れの中に秘密基地とか作ってたタチだからね。(-_-;;;

というわけで女の子なんだが、1セットで合計3人ついた。なんか丁度金メダルの話からイナバウアーについて熱く語ってた記憶があるが恥ずかしいので思い出さないことにする。最初についた娘はすごくかわいい感じでさぞかし人気あるんだろうなと思ってたらもともとバタフライにいたとか。なるほど納得。妹キャラって感じの娘だな。なんかネットにはまってるらしくてブログにも理解があったので写真撮影を頼んでみたんだが、現在返事待ち。了解出れば紹介してみようと思うが、まあ気長に待つことにしよう。

しかしこの店が異様だなと思ったのは、たまたまその日だけだったのかもしれないが、周りを見るとみんな一人で来ている。嬢と二人っきりで世界に入っている人が見渡す限り続いている。団体さんも2勢力ぐらいいたが残りはすべてシングル。しかもなんかちょっとアニメとか好きかもって感じの人が多くて一種の小秋葉原って感じ。さっきの娘もそうだが妹キャラ系が多いせいかな。まぁポジティブに考えれば、非常に客層的にはおとなしくて静かに飲める感じだ。しかし店にとって見れば一人でボックス一つずつ占有されたら採算合わんだろうな。(^-^;;;

ということでチェック。さっさと料金を払ってさっさと店を出る。いやこの時点でかなり夜遅かったので、早く行かないと次の店に入れなくなるのでね。

総評としては、なんか癒し系な感じのお店だったかな。割と他のとこだと無理に盛り上げたりとかしてる気がするんだが、なんとなく落ち着くというか。とてもじゃないが入る前の清和第一ビルのお店というイメージからは、いい意味でかけ離れた印象だったという感じで次の店に行ってきます。^-^)ノシ
トラックバック1 コメント0
CoCo壱番屋 金沢片町店
2006-02-26-Sun  CATEGORY: 食事/グルメ
キャバクラCOCOさんに一杯で入れないと断られたからと言うことでもないんだが、今日の夜食はカレーハウスCoCo壱番屋さん。(*'-') 名古屋に本店があるカレーチェーンで今更説明の必要もないだろう。辛さや量を自由に選べるシステムで人気のお店だ。

今日頼んだのは、グランドマザーカレー。期間限定メニューと言うこともあるが、普通のレギュラーメニュー載せてもブログ的に盛り上がらないのでね。ということで味であるが、今回は量も辛さも標準で。一口目の感想は、具がデケエ。Σ('д' ) じゃがいもやにんじんなどもかなり大きく切られてて歯ごたえがある。あとは厚切りで軽く焦げた感じの豚肉がかなり沢山入っていて、角煮みたいで美味しい。カレー自体は標準頼んだせいかちょっと甘い。後から来る甘辛さじゃなく、ボンカレー中辛って感じ。これはちょっと失敗したな。まあココイチの印象が軽く変わる感じの物であったということは言える。

ちなみにココイチの横に、松屋が今建造中だった。バイト募集の張り紙が張ってあったね。ココイチの真横に建てるというのがなんか都会的な資本主義だなあという印象はするけどね。今までの街の調和とか関係なく儲ければいいや的なね。まあ牛丼嫌いなんでどうでもいいけど。(^-^;;;

ちなみにココイチスプーンプロジェクト2006のくじ引きは「はずれ」でした。10枚集めるとスプーンもらえるらしい。あとバイトの女の子がかわいかった。それ目当てか知らんがヲタクっぽい集団が居座ってた。ぉぃぉぃ…。
トラックバック0 コメント0
club DAHLIA
2006-02-25-Sat  CATEGORY: 閉店
金沢市にとって犀川は浅野川と並んで生活に密着した河川であり、室生犀星などの金沢出身文化人の文化碑も河畔にたてられているなど、文化の町金沢を象徴する物の一つでもある。その犀川にかかる犀川大橋からスクランブルに歩いていくとまず最初に出迎えてくれるビルが犀虹ビルなのだが、ここに半年ほど前キャバクラ「club DAHLIA」がオープンし注目を集めている。
club DAHLIA ダリア
石川県金沢市片町2-22-1 犀虹ビル2F
TEL 076 ( 222 ) 1166

犀虹ビルというのは、名前から連想するに犀川に架かる犀川大橋を虹に見立ててつけられた名前であろう。文化都市金沢らしい浪漫あふれる名前だが、はっきりいってこのビルにキャバクラがあることは地元の私にしてみればかなり意外だ。他のテナントの多くは着物や演歌が似合いそうなスナックやラウンジが多く、ビルの前で見送りをするホステスさんはだいたい着物の人だというイメージがあったのだ。ただスクランブルにもかなり街宣が出向いてきているので、名前ぐらいは聞いたことがあるという人が多いであろうとは思う。ということで早速フリー1セットの体験レポート用に突撃してみた。

店内は20畳ほどのワンルーム的なレイアウトで、真中に敷居があって対面のお客と顔を合わせないような造りになっている。赤系統でまとめられた室内はやや暗めで、窓からは犀川大橋がライトアップされて見え情緒を醸し出している感じだ。ただレイアウト的にちょっと狭目の印象はあるかもしれない。

ハウスボトルはここでもウィスキーを選択。銘柄はサントリー「北杜」。スコッチと製作過程が似ているサントリーのウィスキーは結構好きなので、調子に乗って飲みまくってしまった。チャームは普通のスナック菓子が出てきたかな。

店内を見渡すと、サラリーマンらしい人達が客層として結構多かった。この後も30から40歳ぐらいのお客が入ってくることが多かったように見える。なので当然騒ぐ客もいないので落ち着いて飲める感じだ。ちなみに私の横に座った人は、一人で来て指名嬢と一緒にウーロン茶を飲んでいたようである。キャバクラは飲み屋さんだと思っていた私には多少カルチャーショックだったりする。(^-^;;;

そして女の子の登場となるわけだが、私も一人で行ってたんだが常にと言っていいほど二人の娘がつく。一人は横に座って一人は前に座ると言う感じなので両手に花ではないんだがね。(-_-;; 給料日&金曜日で店内は満員なのにこれだけまわせるという女の子の数にちょっと驚いた。横に座った娘がメインで前に座った娘はお酒を作ったりの補助的な感じで役割分担されている感じではあったけどね。横の娘がどこかいくと前の娘が横に来てという感じで、結局60分の間に6人ぐらいと話す機会があった。

時間になったので今日はこの辺で。会計を済ませて外に出る。犀川大橋から逆に店内が見えるかなと思ったが、なんかフィルムが張られている感じでよく見えなかった。そりゃそうだよな。(^-^;;;

総評としては、最近のキャバクラはプロ意識が強すぎるとお嘆きの方にお勧めかもしれない。キャバクラの長所である素人っぽさと若さあふれるお店であった。-_-)ノシ
トラックバック1 コメント2
8番らーめん 犀川大橋店
2006-02-25-Sat  CATEGORY: 食事/グルメ
なんでやろ。ハチバン」というキャッチフレーズと共にお馴染みの八番らーめん。主に北陸とタイなどのアジアに数多く出展するラーメンチェーンである。石川県の人は生まれた時から八番らーめんを食べており、すべてのラーメン評価は八番より上か下かで語られると言う。北陸では最も一般的な飲食店であり、吉野家に行った事がなくても八番に行った事がない人はいないといわれるほどだ。


そんな八番の片町店が今回の犀川大橋店であるが、片町という場所もあり夜遅くまでやっている。そのためかお店が終わった後のキャバ嬢やホステスさんなどがこっそりと集まるお店でもある。今日もお水の娘と思しき団体が何セットかいるようだった。まあらーめん食いに来てるんで、そこで知り合うとかナンパするとかそういうのは皆無だが。(^-^;;;
8番らーめん 犀川大橋店
金沢市片町2-21-12 KDビル1F
TEL 076 ( 232 ) 1238

今回頼んだのは中華麺とミニ炒飯。味はなんか少し甘い感じのするラーメン。具などは少ないがまあ値段相応かなと。炒飯はやっぱりらーめん世界には少し見劣りする。でも腹が減ってたのでものの三分ぐらいで全て平らげた。
なんだかんだ文句を言っても石川県民は八番を食べてしまうんだよな。まさに「なんでやろ」という感じだが。(-_-;;;
ちなみに周りの人が食べてたから揚げがすごく美味しそうだった。今度頼んでみよっと。

というわけで外に出ると既に明るい。今から帰るのしんどいなぁ。なんか片町で家賃30,000円の物件あったなあ。そこに引っ越そうかな。
トラックバック0 コメント0
eS -Nines cafe-
2006-02-22-Wed  CATEGORY: キャバクラ/ニュークラブ
一概にキャバクラと称するお店は数あれど、これは地域によってその対象が大きく変わってくる。つまり、札幌など一部の地域ではキャバクラといえば、いわゆるセクハラプレイのできる金沢で言うセクキャバの事を指すらしい。そしてそういう地域において、金沢で言うキャバクラは新しい名称として「ニュークラブ」という呼び名を付けられるようである。ということで、一応県外の人が見ている可能性も踏まえてキャバクラの定義を改めてみたわけであるが、今回紹介するのもそういうニュークラブ的な「キャバクラ」である。

特に今金沢において一番人気といっても過言ではないこのお店。先に登場したeS -butterfly market-さんと同じくeSグループの「eS -Nines cafe-」さんであるが、このブログの為に一度潜入しようと思いつつ、行くたびに満席で40分待ちなどと言われ続けてなかなか入店することすら出来ないという人気店である。今回はちょうど新年会の1月と卒業シーズンの3月の谷間となって、片町全体として客足の落ちる2月ということでようやく待ち時間なしで入ることができた。

eS Nines cafe
石川県金沢市片町2-2-13 アパヴィラホテル2F
TEL 076 ( 231 ) 3992


場所はアパヴィラホテルということで、ラブロ片町からスクランブル方面に歩いていく途中にあると言えばわかりやすいだろうか。主要キャバクラのメインが反対方向の夢館などに集中していることを考えると何故かこの店だけ離れた所に展開している。それでいてこの人気振りであるからさぞかしサービスが一味違うのであろうかということで期待しつつ早速潜入してみた。

店内に入る際、女の子や黒服くんが入り口にならんで出迎えてくれる。なんか旅館みたいである。入る前にどんな娘がいるのか顔見せという意味合いもあるんだろうか、逆になんか入ってきた俺を全員で品定めされているような感覚があるんだけど、それは俺がひねくれてるだけだろうか。まあそれはさておき、その中でのパッと見の印象はそれほどハデな感じの子はいない。わりと普通のキャバクラって感じか。

店内はボックスのみで10個ほどあったかな。一番奥の全体を見渡せる位置に座ったが、印象としては予想より小さい感じ。通路が底上げされててボックスが一段低くなってるので、ボックスに座っていると通路を歩いている女の子を軽く見上げる感じになるんだが、このせいか普通より綺麗に見える。ファッションショーのモデルと同じ論理だね。細かい工夫がされていていい感じ。ライティングも程よく明るめで高級ホテルのロビーのような印象を演出している。

今回はフリーという事で55分の1セット。その間についた嬢は3人。バタフライでもそうだが、必ず席につく前に握手を求められるのがなんか新鮮というかなんというか。ちなみにこの時の女の子の話では、ナインズはクラブやラウンジ出身者が結構多いということらしい。接客に関してかなり教育されてきた人たちという事で、やはり細かい気遣いがキャバクラ離れしている娘が多い。そもそもキャバクラはキャバレークラブという説以外にもキャンパス(大学生)クラブから来ていると言われるほど、若さと素人っぽさを売りにする傾向があり、キャバクラに通う客はどちらかと言うと店外デートやアフターなどを目的としているというイメージがあったんだが、この店であれば接待用としても充分通用するかもしれない。もちろん年齢層的には18歳を筆頭にみんな若い。一番上でも22歳ぐらいではないだろうか。

というわけで55分が過ぎてチェックになったのだが、ちょうど新人の娘がついてたという事もあって30分延長。なにがちょうどなのかよくわからんけど。30分延長の間はなぜかその新人の娘がずっとマンツーでついてたな。あんまり長い時間つかれると、情がうつるんで内心怖いんですけど(^-^;;;;;

というわけで85分終わり退散。店を出る時には階段まで見送りしてくれる。思わぬ延長で給料日前の財布がえらく軽くなってしまったので今日はこのまま帰宅。^-^)ノシ
トラックバック0 コメント0
Club Emperor 皇帝
2006-02-22-Wed  CATEGORY: 閉店
というわけでこの前行ったCLUB VIPさんの系列店、クラブ皇帝さんにお邪魔してきた。

Club Emperor 皇帝
石川県金沢市片町1-6-10 ブラザービル6F
TEL 076 ( 234 ) 2010


場所はちょうど夢館Ⅰの横あたりの路地に入ったところ。赤玉の金劇パシオン店の向かいにあるエレベータを上ったところかな。表通りのフルーツ屋さんの前辺りに街宣のお兄ちゃんが立ってることが多いので、値段など確認したいという人はこの辺りに行ってみるといいだろう。


ちなみにVIPさんの時に行ってみようかなと書いたが、まさかこんなに早く行くことになるとは正直思っていなかったりする。先日片町を歩いてる時に皇帝のボーイさんにつかまって、また今度会ったら行くよといってたんだが、今日また見つかってしまったので、これも何かの縁と言うことで約束通り行く事になったわけだ。まあ珍しく時間早かったので1セット3,000円だったというのもあるんだけどね。

そんなわけで中に入ってみると、ちょっとレトロな感じのインテリア。まずカウンターがあってそこに待機中の女の子がずらっと座っていた。その横を通り過ぎてボックスに案内されると、チャームのほかにイカと玉葱の惣菜のような物がお通しとして出される。飲み放題は焼酎、ブランデー、ウイスキー等あるようなので今回はウイスキーを選択。ここまでの雰囲気はキャバクラというよりラウンジという感じだな。ボックスの前にはカラオケ用のモニタが設置されている。まあ誰一人として歌ってなかったので許容範囲。奥にはVIPルームがあるらしく、なんでもソファーが高級で、音響も分けられているためカラオケ等の音も聞こえないと言うことだ。

そして珍しく早く繰り出したため、完全素面状態で女の子の登場。別に照れるとかは今更ないんだが、やはり酒入ってない時に比べるとテンションが上げにくい。やっぱりどこかでスタートダッシュ切ってくればよかったかな。まあそういうわけで自分的には珍しくわりと静かに飲み語らっていた。最初についた女の子はキャバクラ嬢というよりは、普通に竪町あたりに昼間歩いている女子高生のような感じの娘で、これもあわせてますますキャバクラという感じがしない。まさに低料金クラブもしくはラウンジという感じで、ちょっとこのブログのカテゴリ的にもアレなんだがまああまり気にしないことにする。

今までのキャバクラがどちらかと言うと東京や大阪などの支店的なイメージで、都会的なメイクや髪型なんかを推し進めているような感じだったが、ここはなんとなく古き良き金沢というイメージが色濃く出ている気がする。昔の片町のお店のイメージというかね。片町暦長い人にはちょっとノスタルジックなお店かもしれない。どちらが良い悪いというのではなくね。ちなみに私が入った時は開店直後と言うこともあり誰もいなかったんだが、帰る頃になると3~4人のグループが大勢着ててほぼ満員状態になっていた。立地的に目立たないが隠れた人気店であったようだ。どちらかというと県外から友達が来た場合なんかに、金沢ならではの店と言う感じで連れて行きたい雰囲気だね。

そしてとりあえず今日は1セットでチェック。普段こんな時間にこない私としては、あまりの安さに最初とまどった。ドリンク等の注文した諸々をいれても5000円札一枚で事足りると言うのはわりとカルチャーショックだったかもしれない。やっぱ早い時間から飲みに出ないとだめだなと正直思った。(-_-;;;

という感じで今日はこのまま帰路につきましたとさ。^-^)ノシ
トラックバック0 コメント0
片町のキャバレー、入管法違反容疑で摘発 金沢東署=石川 - 読売新聞
2006-02-20-Mon  CATEGORY: ニュース/イベント情報
Yahoo!ニュース検索結果

ふとニュース検索などしてみたらタイトルのような記事のヘッドラインが出ていました。2006年2月となってるから今月だけど、どこだろう…。

入管法ってことは、アジア系とかのそういうお店なのかなーと予測はできるんだけどね。
トラックバック0 コメント1
女子寮 ポイント会員
2006-02-17-Fri  CATEGORY: ニュース/イベント情報
当ブログを立ち上げて早二週間が経過し、色々と周辺の動きも活発になってきたが、何故か検索エンジン経由でうちに来る人の検索キーワードは「女子寮」が上位を占めていたりする。そんなわけで、需要と供給のバランスを考えて女子寮情報を少し書いてみる。

女子寮では、現在携帯を使ったポイント会員制を実施している。会員の特典は、5000円ごとに1ポイントが貯まり、10ポイント貯まると5000円分(1セット)サービスというもの。要するに5000円毎に500円引きという感じだな。常に一割引きとなると結構お得ではある。間違いなく10回は行きそうだという人は入ってみるといいかもしれない。

以下は、その登録手順。このアドレスに携帯からメールを送る。本文には、「0762342577」という数字のみを入力する。メールが返信されてくるので、そこにあるアドレスにアクセス。名前などを入力し、登録完了。完了すると、専用のQRコードを表示するアドレスが送られてくるのでアクセスし、そのQRコードを画面メモ機能などで保存しておく。あとは会計時に、読み取り機にQRコードを読ませればポイント加算となる。

とまあこういう感じで登録はすぐにできる。しかしこれ女子寮全店対応かはわからないけど。読み取り機が設置されてるかどうかはお店に聞いた方がいいかもしれない。まあお店の人に聞けたら、コメントで対応店舗書いて見ます。

とりあえず私は入っておきました。(*'-')
トラックバック0 コメント0
CLUB VIP
2006-02-16-Thu  CATEGORY: 閉店
片町といえばスクランブル交差点とほぼ同意語になりつつあるが、スクランブルを中心とした時、片町の中でも郊外にあたる地域というものが存在する。様々な店の街宣が闊歩するスクランブルとは違い、こういう片町郊外ではすでに帰り支度の人などが多く、あまりメジャーになることは無いのが実情だろうか。しかしそんな片町郊外店の中にも必ず掘り出し物の良店が隠れているという期待を胸に、犀川付近のビルの看板を色々チェックしつつ、ジャケ買いならぬ店名買いとでも言おうか、ピンとくるお店を探しつつ探索するのが日課であったりする。

そんなわけで、そのあたりをフラフラ歩いている時に呼び止められたのが、CLUB VIPの店長さんだったのでちょっと覗いてみることにした。
CLUB VIP
石川県金沢市片町1-7-15 片町キンリンビル3F
TEL 076 ( 264 ) 3328

話を聞くと、クラブ皇帝の系列らしい。皇帝はなんか聞いたことある気がする。始皇帝だっけ。あれは福井の片町か。まあよくわからないがとりあえず入ってみる。場所は犀川沿いの、8番ラーメンの前の横断歩道を渡ったところにあるコンビニの裏手当たり?と言えばわかるかな。コンピニの横の路地を入っていくとVIPっていう看板が光ってる。キャバクラ以外にも、ファッションパブかなんかでVIPってお店も同じビルにあるみたいでややこしい。てかそれも系列店かしら。

中に入ると第一印象はなんか「縦長」。目の前におそらく空き待ち用カウンターがある。左の方にボックスが3つほど。右の方にも4つほど。左右でまったく違う店かというほど離れてる。まあいいんだけど。今回は入って右側のボックスに案内された。飲み放題で焼酎を頼み、店内をちょっと観察。カラオケらしきモニタがある。ここはお喋りを楽しむキャバクラだよね…。ふとなんか嫌な予感が…。カラオケでも歌おうか→次なに歌う?→そろそろ時間だわ。これしか喋らないという最低コンボが発動する店を今まで片町や郊外含め数多く見てきただけに、あまりカラオケがある店は信用できないんだよね。まあ向こうのボックスはほぼ埋まり、こっちにも横のボックスに客がいるんだが、カラオケを歌ってる人はいなさそうなのでまあ大丈夫かな。

てなわけで女の子の登場。男二人それぞれに、なんか夢見がちな箱入り乙女って感じの子と、いかにもお水って感じのタイブの二人がついた。なんかそれぞれ嬢を口説く感じじゃなくて、4人で一緒に盛り上がる感じ。キャバクラというよりは合コンみたいな。店内もわりと明るくて、なんかすごく健全な雰囲気。このへんは中央(スクランブル周辺)のお店とは違う感じかな。みんなで一緒に盛り上がりたい場合はよさそうだ。ちゃんとノリツッコミもしてくれるし、面白さは合格点。一緒に行ったツレもなんかその世間知らずなお嬢様(?)をえらくお気に入りで、あんまり指名とかしないヤツなのに指名入れてたな。

そんなわけでチェック。料金は飲み放題だったので、指名料含めて2人で1万ちょいぐらい。なぜか指名料までワリカンという罠。まあいいけど。(^-^;;;

女の子を口説き落とすとか、そういう不純で不毛な目的じゃなく、キレイドコロと一緒にみんなで盛り上がるという感じの飲み方をしたい団体さんなどにお勧めできそうな雰囲気だ。系列店という皇帝もちょっと見てこようかなというところで帰りまつ^-^)ノシ
トラックバック0 コメント0
<< 2006/02 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


Copyright © 2017 DOD BLOG. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。