金沢から恵比寿に引越して出張先でだらだら飲み歩く記録
DOD BLOG
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ViVi
2006-03-31-Fri  CATEGORY: 閉店
前回じゃがいも紳士さんにお邪魔した時、ちょうどその前のお店の入り口に何やらポップが貼り出されていたのだが、その内容が色々な意味でかなり意表をつく物であった事でちょっと気になっていたお店が今回行って来たViViさんである。

ViVi
石川県金沢市片町1-6-3 夢館Ⅰ5F
TEL 076 ( 295 ) 7766
http://a5navi.com/shop-vivi.html


その張り紙の内容とは、要するに店内にWindowsとMacを常設してあり、中でインターネットが楽しめるお店ということが書いてあったんだが、これだけネットが普及した中でもそれを前面に押し出したお店は初めてだ。入る前の想像としてはネットカフェみたいなものかなぁと思っていたのだが、それだとスナックである必要もなさそうだなという事でちょっと興味が湧いたわけである。

ということで覗いてみると、中はカウンターが7席ほどとボックスが2つ。カウンターは満員だったのでとりあえずボックスに。カウンターだと3500円でボックスだと4500円だったかな。片町相場から500円ほど安い。最初にママが来て値段などの説明をしてくれたんだが、メニューを見るとボトルが恐ろしく安かった。焼酎で3500円、私のお気に入りジョニ黒が7500円という値段設定。普通のところの半額ぐらいの値段だ。ボトルを入れると基本的には時間無制限になるので、同じ値段で2倍ぐらい飲めそうである。カラオケもなく、語らう事に重点を置いたお店という感じだろうか。

元々は金劇パシオンで同じ名前のラウンジをやっていたという事であるが、色々なブランクを経て夢館にて復帰という生い立ちがあるようだ。お店自体はまだ開店から半年程であるという事だが、もともとラウンジを経営していた手腕もあってか店内にバタバタした雰囲気は無い。

張り紙の話をすると、ママの目指す営業形態を教えてもらったのだが、一言でいうとソーシャルネットワーク飲み屋(?)らしい。ソーシャルネットワークの日本最大手であるmixiにもお店のコミュニティがあってそこに常連さんが集っているという。ネットで知り合ったお客さん同士がオフ会をする場というのがママの描く理想のお店ということだ。偶然にもというか今作っている私のポータルサイトの方向性にかなり近い物があったのでかなり共感できた。というかそこまで先見の明をもっている人が片町にもいたというのがある意味嬉しかったのだが。(^-^;;

といっている間にカウンターの席が空いたのでカウンターに移動。さすがにみんながカウンターにいるのに一人だけボックスだとお店もこっちに専属で一人つけないといけなくなるからね。という事ではじめていくお店では大体カウンターに座る事にしている。カウンターにはママを含め女の子が3人と男の子が1人。今回は60分飲み放題で入ったので、ウィスキーをハーフで飲んでいた。チャームはスナック菓子だったかな。上にも書いたんだが棚にはジョニーウォーカー黒ラベルのキープボトルがずらっと並んでいてかなりそそられる。そんなこんなで元いたお客さんも疎らになり微妙に60分過ぎてるんじゃないのかなと思いつつ次のお店が閉まってしまうのでチェックを出してもらう事に。

最後店内に忘れ物をして取りに帰ることになって画竜点睛を欠いた感じになったが、なかなかソーシャルネットワーキングな飲み屋さんであった。ちなみに営業時間は7時半から翌1時半までという事で多少前倒し気味に。インターネットに興味のある人は一度覗いて見ると面白そうだ。
スポンサーサイト
トラックバック1 コメント0
鬼の棲家
2006-03-28-Tue  CATEGORY: 閉店
某お店のママに一度連れて行ってもらったことがあったので、行ってみようと思うたび中をのぞくと満員で入れないというのが3回ぐらい続いた後今回ようやく入れたのは鬼の棲家さん。

Papa's Bar 鬼の棲家
石川県金沢市片町1-7-5 六本木ビル1F
TEL 076 ( 262 ) 0205
http://a5navi.com/shop-oninosumika.html


場所は六本木ビルという事で、一番館の横というかサカノビルの前というかそんな感じ。今回写真掲載を許可してもらえたのでそれを交えてレポートしてみる。

カウンターは6席ほど。やわらかいイスのような感じになっていて長時間座っていても疲れない。

ボックスというかテーブル席が2個。多少の人数であれば充分収まりそうである。

営業時間は18時から翌2時までで、日曜祝日がお休み。ホームページでは居酒屋と書いてあるが、魚民とかああいう雰囲気ではなくダイニングバーという感じ。なんか名前をいうたびに厳ついイメージを持つ人も多いんだが、中には若いマスターがこだわり料理を作る本格的な小料理屋という感じが強い。

oni3.jpg■ 鯖の竜田揚げ
今回はビールを飲んでたので、ビールに何か合う物をということで作ってもらった。外がカリカリで中が柔らかく食感がいい。ただ今からは暖かくなってくるので来年まで食べれないという事。鯖は冬のお魚だからね。季節の旬の物を取り入れてメニューは随時更新されていくという事らしい。

ちなみに値段が良心的なのも特徴だろうか。生ビールが380円ぐらいだったかな。

なおお店に行くとホームページ用のパスワードを書いたカードをくれたりする。そこにアクセスすると料理のレシピを公開されていたりするので、気に入った料理があったら作ってみたりするのもいいだろう。

4~5人で行くのもいいが、一人でふらっと立ち寄るにもちょうどいい雰囲気のお店である。創作料理などに興味がある人なら是非立ち寄ってみてもらいたい。
トラックバック1 コメント0
ホストクラブ?
2006-03-28-Tue  CATEGORY: ニュース/イベント情報
シンニチビル・オーロラビル周辺に大量の花輪が。調べてみるといままでボーイズバーだった所がホストクラブとして新規オープンしたお店らしい。ナイタイや片町の各店から花輪が。

さすがにボーイズバーはともかくホストクラブは男一人では潜入できないな。(-_-;;;
トラックバック0 コメント0
常連と老害は紙一重
2006-03-26-Sun  CATEGORY: 雑談
よく話題に上る「いいお店」。いいお店の条件とは様々なものがあるだろう。単純に若くて綺麗な子が所属していればいいお店と感じる人もいるだろう。安いから、遅くまで開いてるから、お酒が美味しいから。片町はそれ自体が単一のアミューズメントではない。様々な趣向の人が様々な目的の為に訪れる場である為、色々な優位性を営業努力により各店が確立している。つまりいいお店とは、その客の趣向に合った営業方針のお店がちょうど見つかった場合といえるだろう。
トラックバック0 コメント0
Club First Selection (2)
2006-03-25-Sat  CATEGORY: 閉店
かなり間が開いてしまったが、野球の祝勝会として行って来たClub First Selectionさんを再び書いてみる。一応前回の記事でもう一回フリーで行って来ますと書いていたのでいつか行かなければとは思ってたんだが、ちょうどここの街宣に片町に出て最初に声をかけられたと言う事もあり、友達と二人で入店する事に。正直、前回はもう閉店間際と言う事で既に6時間ほど飲んでいた為あいまいな記憶を元に簡単に書いてたんだが、今回は焼肉屋でちょっと飲んだだけですぐタクシーで向かったので意識もしっかりしていた為、多少詳細に書けるかなと自分自身をまず追い込んでみる。

しかしこの店、最初に行った時はまあ時間もあってか、かなりガラーンとしていた気がするんだが、なんか今回は日曜日だったというのにほぼ満席状態だった。周りのよく片町に出る友達などに聞いてみても、今一番勢いのあるキャバだろうという意見も多かった。なんか最初に行ったときに店名を聞いて、はぁ?聞いた事ない店だなーとか思ってた時からそんなに時間は経ってないんだが。そんな話をエレベータで街宣のお兄ちゃんとしていると、どうやら郊外にもう一店出す計画があるらしい。名前はClub Second Selectionですかねーとか冗談交じりでいっていたが割と現実になりそうで怖い。(^-^;;;

客層は20台後半ぐらいのサラリーマン的な人が多かったかな。居酒屋みたいに騒いでる客もいなくこの辺は高評価。ライティングが前回より多少暗くなっているように感じたが、総じてちょうど落ち着ける明るさであったようには思う。暗すぎてもまたアレだからね。

というわけで女の子の登場であるが、今回は友達と二人でいったんだが、私の方には全部で3人がついたが、友達の方には全部で2人だった。この違いは何の違いだろうとか思いつつまああまり気にしないことにする。最初についたのはなんか明らかにオーラの漂う感じの子で、聞いてみるとやはりクラブで接客を完全に叩き込まれた娘だという。なんか今までナインズとかエクセレントでもそうだったが、やはりラウンジ経験者はオーラというか、隣に座ったらすぐにわかる雰囲気があるね。もともとラウンジ愛好家な私としてはどうもこういう凛とした女性に弱い。まあ野球の話をするのもなんなので適当に話をしつつ、交代へ。その後なんとなくボーイッシュな感じ(?)の娘と、低血圧な感じの娘がついた。デザイン会社を経営してるって話をしたら名刺デザインを依頼されたが、まだ連絡は来ていない。(-_-;;; しかし3人ともどこの店に行っても通用しそうな程の顔立ちであり接客なのだが、以前に潜入したお店のお気に入りの娘も最近ここに移籍したというメールももらったりと中々人的資源としては層が厚そうである。まあだからこそこの勢いなんだろうね。

そんな感じで1セットも終了しお開きに。このブログとしては初めて同じ店を2度書いた事になるんだが、こうしてみるとこの2ヶ月での変貌がよくわかる。たまに今まで行った店も再度行ってみるのもいいかもしれないなぁ。というわけで帰宅。

ちなみにここからリンクを貼っているサンロクゴさんにちょっとFirst Selectionさんの記事が出ていた。写真に写っているのが誰かまではわからないけど。

(追記)女の子から連絡来てないって書いてたが、ふと思ったら俺はアドレス名刺に書いてもらったが、俺が送らないとむこうも送れないんだな…。ごめんなさいすぐ送ります…。OTL
トラックバック0 コメント2
N's
2006-03-21-Tue  CATEGORY: セクシー
これだけ片町をふらふら出歩いていると、街宣に誘われるお店は大体聞いた事のあるお店ばかりになってくる今日この頃だが、ほとんどの店が休みになる日曜日とあってなかなかいつもと違うお店に誘われたりもする事があってまた新鮮であったりする。ということであんまり後先考えずに聞いた事のないお店に連れて行かれるとどうやらセクシーキャバクラというやつらしい。とうとうセクシー系のカテゴリを作る日が来てしまったのかと思いつつまあ酔っ払ってたのと眠たいのであまり思考能力もなくとりあえず行ってみる。今回いったのはシンニチビルの多分5階だったとおもうが、N'sさんというお店。例によってセクシー系は中に畳んでおく。

N's
石川県金沢市片町2-21-6 シンニチビル 5F(?)


一応記事用に名刺はもらったんだが、店名以外何も書いてなく、かなり記憶が怪しい。まあシンニチビルだったのは間違いはないと思う。せめて住所ぐらい記入しておいてほしかったものだが。(^-^;;;
トラックバック0 コメント0
ジャンボ庵
2006-03-20-Mon  CATEGORY: 食事/グルメ
野球日本代表が決勝進出を決めたと言うことで、優勝の前祝に野球好きの友達と一杯飲んでそのまま片町へ繰り出すことに。さすがに日曜なんであんまり店はやってなかったが、なんとか街宣のお兄ちゃんに紹介してもらい色々とまわってきた。まあ時間が遅かったと言うのもあってあまり人はいなかったが、スクランブルで胴上げしているDQNも少数いたりとなかなか年度末の風物詩が始まっている感じで香ばしい感じだった。

ということで腹ごしらえに向かったのがジャンボ庵さん。八億年ビルの横にある小さなうどん屋さんである。ここのカレーうどんが絶品ということでたまに行く店であるが、今日はうどんじゃなくなぜかそのツレはカツ丼を注文。まあ野球で日本が決勝で勝てるようにという願をかけたという意味もあったのかもしれんが。(^-^;;;


カツ丼は漬物とおすまし(?)の三点セットで、ほんのりと癒される感じ。今回はトッピングで海老天を乗せてもらいなんというか「カツ天丼」みたいな感じ。カツは少々小さめだが味はしっかりしていて、普通にグルメとして美味しいお店である。

常に長渕剛のBGMが流れる店内は、落ち着いて食べれるという感じでもないが、よく街宣のお兄ちゃんやお店が終わった女の子が食べに来ることでも有名だ。片町のお父さん的な存在なのかもしれない。いや実際は知らんけど。

ちょっと小腹が空いたときなんかに気軽によれるお店という感じである。
トラックバック1 コメント0
CLUB the Bee リニューアルオープン
2006-03-19-Sun  CATEGORY: ニュース/イベント情報
昨日は郊外で飲んで片町に出陣したあと、マ・ターリで一杯やってから出陣しようかと思ったが、一緒に行った某女性が店内で酔いつぶれた為に急遽お開き。その代わりといってはなんだが、CLUB the Beeの情報をひとつ。

今週木曜日に、CLUB the Beeがリニューアルオープンする予定だと、そのお店で働いている娘から連絡をもらった。詳細はよく聞けてないので、わかり次第書いて見ることにする。
トラックバック0 コメント0
Re-mix
2006-03-14-Tue  CATEGORY: 閉店
過去記事を振り返ってみてみると、一つのビルに拘らずに色々な方面を取り上げていて、偶然ながらもこのあたりは客観的な店舗選択をまずまず行えているかなと自画自賛している頃、よくみると片町大手ビルの一つである一番館に突撃した物が何も無いということで、今回のお店は一番館からRe-mixさん。ちなみに一番館ビルとナンバーワンビルを、同じ物だとずっと思っていた…。

Re-mix リミックス
石川県金沢市片町1-7-19 一番館6F
TEL 076 ( 222 ) 6333


一番館は、表通りで言うとスクランブルから犀川方面に歩いていった時に左手にある。ちょうど一階入口が花屋さんになっているのですぐにわかるだろう。裏通りでいうとサカノビルの前になる。六本木ビルの隣とでも言おうか。まあ大きなビルなので迷うことは無いだろう。

ということでリミックスさんであるが、ここも友達から紹介された感じである。そもそもその友達も行った事がないということだが、一度行ってみたかったということで付き添い的に行ってみた。入るとスペース的にはカウンターが3つほど。10人掛け程の大きなボックスが一つ。全部で12畳ほどであろうか。店内はスナックという感じではなく、明るめにすっきりとまとめられている。喫茶店のような印象かな。カラオケ用のモニタが置かれていて、自由に歌えるようだ。

60分の飲み放題もあるようだが、ここでは焼酎を入れた。普通の日だったこともあって今回はママとチーママしか出勤していなかったのだが、カウンターのお客の話にしっとりと聞き入っているチーママと、ボックスを縦横無尽に駆け巡る若いママとのコントラストがなかなか楽しい。お酒に関しては割とこだわりがあるようで、最近はママは芋焼酎にこっているらしいが、ふと棚を見るとこの界隈では珍しく、私のお気に入りジョニーウォーカーも置かれていてなかなかお酒の選択眼は侮れない感じだ。

ママの服装ははっきりいって普段着で、そのまま竪町歩いてても全然溶け込めるような感じではある。わりとドレス的なものは拘っていないようで、ここの女の子全体が普段着っぽいカジュアルな服装で出ているようだ。その為かなんか飲み屋という感じがしない。先に喫茶店ぽいと書いたのはその辺も関連しているかもしれないが、なんか普通のバーか何かでたまたま女の子と仲良くなって飲んでいるというような感覚と言えばわかりやすいだろうか。

ということで、閉店時間になったのでチェック。千鳥足になった友達を肩で抱えながらよろよろとエレベータまで。なんか盛り上げ方がうまいので気づいたら結構飲んでたという感じかな。その後怪しげな中国マッサージや風俗呼び込みを振り払いつつ何とか無事タクシーを確保して帰路へ。

総評としては、気取らずに軽い感じでカラオケなんかで盛り上がりたい人や、芋焼酎などにこだわりを持っている人なんかがはまる感じであろうか。ちなみに今日3月14日はホワイトデーという怪しげな日であるらしいのだが(-_-;;、ちょうどママの誕生日でもあるらしい。3月生まれの人ってなんか多いね。3月だけで誕生日何人呼ばれただろうか…。(^-^;;;;
トラックバック0 コメント0
じゃがいも紳士 片町店
2006-03-12-Sun  CATEGORY: 閉店
年度末を迎え来年度の予算編成の時期である為か、この所本業の方で大きな案件がなぜが立て続けに決まり打ち合わせでなかなか石川県にいれる時間が無くなってきたのだが、さすがに週末ぐらいは出ないと一週間が終われないということで出張先から直接片町に向かうことにした。時間は既に1時をまわっている。(-_-;;; 昼から何も食べてないという事でとりあえず腹ごしらえをマ・ターリさんで行った後、この時間からでもじっくり飲めるお店を探して歩くことにする。

そんなわけでふと思い出したのが、郊外の方で人気があると有名になったというじゃがいも紳士さんの片町店。名前的にもちょっと興味をそそるのだが、どういうお店なのか全く見当もつかない為、レポート用に潜入してみることにした。

じゃがいも紳士 片町店
石川県金沢市片町1-6-3 夢館Ⅰ5F
TEL 076 ( 231 ) 3335


場所は夢館の5F。エレベータで最上階まで上ると最奥に看板が見えるだろう。扉を開けて中の様子をそっと伺ってみる。カウンターはほぼ満員で、ボックスも一個だけ空いてる感じだった。あんまり忙しい時だと写真とかも取れないので出直そうかと思ったが、カウンターの端があいてたのでとりあえずもぐりこむ。すげえ雨だったのでもう歩きたくないというのもあったが。(-_-;;;

そんなわけで事情を話して店内の様子の撮影をお願いすると快く承諾してもらったので、写真を交えて店内の様子をレポートしてみることにする。ちなみにお客さんの顔は多少加工してぼかしてある。(-_-;



カウンターは全部で6席ほど。ゆるやかな曲線状になっておりインテリアに華を添えている感じ。カウンターでは明るい女の子との会話もさることながら、ある意味このお店の名物(!?)であろうかチーフの「キャサリン(♂)」とのトークが楽しめる。(写真下)
チャームはチョコレートやスナック菓子などの乾き物など。今回焼酎ロックの飲み放題で入ったが、ちょっと驚いたのは丸氷を使用していたことか。バー等で出る大きな丸氷ではないが、小さな丸氷を3つほど入れてロックを作っていた。お酒が好きな人にはちょっと惹かれる部分である。


ボックスは見てのとおり、全部で3つ。かなり大人数でも収容できそうだ。各ボックスの間には、奈良公園の鹿の角をイメージしたというキャサリンお手製の生け花(?)が飾られており、優雅な雰囲気を醸し出している。

スナックなので店内にはカラオケがあり、常に誰かが歌っている状態で、カラオケが嫌いな人にはあまりお勧めできないが、女の子との話がカラオケの選曲だけで終わるというような寒い事はなかったので、気にならない人は問題ないかと思う。カラオケ嫌いですといえばその後は特にカラオケを勧めてくることは無かった。
女の子はママを含めて4人ぐらいいたかな。ママの実の娘(?)であるチーママを筆頭に全員若くて美しいスタッフ揃いだ。ちなみにチーママとは小さいママ(小ママ)という意味で、会社で言うと専務みたいな感じか。ママの補佐的に実務をこなす人という感じかな。

料金は、焼酎もしくはビールの飲み放題60分で税込み5000円。女の子のドリンクが1000円。ちなみに日曜日が定休日だが、毎日朝5時ごろまでやっているとの事だ。遅くまでやっているというのは深夜に片町に出ることが多い私にとってはなによりだ。夜も更けて行くあてが無くなったら、ちょっと顔を出してみるといいかもしれない。

ちなみに郊外で出していた時は、ボーイズバー的な感じだったらしいのだが、片町店はいわゆる女の子のお店である。名前的にちょっとボーイズ系を想像してしまったのは俺だけだろうか。まあそんな方にも誤解を解く意味で紹介できたのであれば幸いだが。今回はまあインテリア等をメインに取材してきたので、顔見せも終わった所で次回行った時はグラビアというかスタッフ写真をメインに撮ってこよう。一応チーママとキャサリンに了承はもらったんだが、何故かキャサリンからは水着グラビアを希望されました。orz

というわけで総評としては、お店全体として楽しく飲みたい人には素晴らしくアットホームなお店である。初めて行ったにもかかわらず隣の常連さんが色々話し掛けてきてくれたり、最後には店内写真撮ってるといつのまにか店内全員巻き込んで大記念撮影大会になっていたりと汗、なかなかこういう雰囲気にはまる人であれば病み付きになるお店かもしれない。
夜遅くまでやっているということもあって、私もまた行きますということで雨中帰宅。^-^)ノシ
トラックバック0 コメント0
<< 2006/03 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


Copyright © 2017 DOD BLOG. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。