金沢から恵比寿に引越して出張先でだらだら飲み歩く記録
DOD BLOG
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぴるぜん
2006-10-21-Sat  CATEGORY: 食事/グルメ
最近元勤め先のとある人が遠くの部署から地元に戻ってきて、久々に飲みに行きたいねなんて話をしている時に、そういえばいつもどこ行ってるのなどとそれとなく聞いてみた所、片町と言えばもうここしか行かないというぐらいお気に入りのお店があるとのことで、それほどまでに言われればこれは行かなければならないだろうというわけで、その友達のお勧めのドイツを最大限リスペクト(?)しているお店ぴるぜんさんにお邪魔することにした。
ぴるぜん
石川県金沢市片町1-9-20
TEL 076 ( 221 ) 0688

場所はいわゆる裏片町というか、一番館ビルの裏手のサカノビルの横である。表通りからは、一番館ビルの中を突っ切って裏に抜けたほうが早いであろう。裏口から出たらすぐに看板が見えているはず。
ちなみにお店に入る前の、ホームページや外観から受けた私の先入イメージはかなり特殊なお店かと思っていた。店主はドイツ人で、入るとドイツ料理しか置いてなく、店内にはドイツ国歌が流れていたりして、店員さんが片言の日本語で話し掛けてくるというイメージだ。ある意味怖くてあまり近寄れなかったお店である。(^-^;;;

入ってみると何の事はない、いい意味で普通の居酒屋だね。カーン様みたいな人もいなければ、ドイツの国歌が鳴り響いているわけでもなく、ドイツビールやソーセージなんかはあるものの基本的にはスタンダードメニューを押さえてあり、ホームページさえ見なければドイツをリスペクト(?)していることさえ気付かないであろう。内装などはかなり洋風というか洒落た感じになっていてその辺りには異国情緒が漂っている。

今回は、というか今回もホウレン草とベーコンのサラダなどを注文。せっかくなのでドイツビールを注文し、サラダやピザなどをつまみつつ小一時間ほど。ドイツビールはちなみに炭酸薄めでビールの味は濃い目かしら。日本のビールが苦手な人には丁度いいかもしれない。サラダ類は盛り付けが非常に綺麗だった。あとかかっているソースがやはり絶品。昼食べてないのもあって全て綺麗に平らげてしまった。

ダイニングバー的なアットホームな雰囲気というよりは、ほんとに料理屋さんといった感じの雰囲気で、むしろ一次会としてお腹も満たされてお酒も飲めるお店として訪れたいお店である。1階はカウンターのみで料理をしている様子を見ながら飲め、2階はテープル席があるようで割とまとまった人数で楽しく飲む事も出来る。

宴会とかというよりはどちらかというと、片町にきたら何故か寄ってしまう行きつけのお店という感じであろうか。
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
というわけで中日のリーグ優勝祝いに中日ファンの友達と片町にお祝いに行く事になった。珍しく今回は金沢駅からバスにて。どこにしようかと迷っていたのだが、とりあえずその友達に身を任せてみる事にすると、ナインズの頃からの知り合いだというボーイ君につかまって、新しくオープンしたキャバクラ春夏秋冬に誘われている。ちなみに春夏秋冬と書いてシキと読むらしい。
春夏秋冬
石川県金沢市片町1-11-12 ポニービル1F・B1F
TEL 076 ( 263 ) 8448

全く値段的なものもわからなかったのでとりあえず説明を聞いてみると、40分だったかそれぐらいで4000円のセット料金と、飲み放題がないのでボトルを入れることになるのだが一番安い鏡月が2000円で、二人合わせて4000+4000+2000で10000円でいけるらしい。サービス料が30%ということで合計13000円か。まあなんか予想よりは結構安く入れそうである。ボトル必須ということですごく高いとは聞いていたんだが、この値段ならまあそんなもんかなという感じ。ボトルもキープできてしかもナインズカフェでも共通してボトルを管理しているようなので、一度入れてしまえば次回からは結構安く飲めそうである。


中はなんというか縦長の部屋に片側にソファーがあってずらっとみんなが横並びになっている感じか。わりと珍しいといえば珍しい。携帯のカメラでとったのでよくわかりづらいかもしれないが。ちなみにこれは地下だが、1階にも店舗があるとのことで、そっちは結構広いのかもしれない。もとラーメン屋さんのところだね。

女の子はなんかドレス禁止で、和服かスーツという話をちょっと聞いていたが、ぱっと見る感じ全員がドレスだった気がする。まあなんというかそういう意味ではごくスタンダードなキャバクラという印象。バタフライの女の子は殆どナインズに異動したとのことだが、全く新しい娘を発掘しているのかと思ったら、色んなお店の娘が集まっている感じだという。客層的にはわりと中年向けという感じかも知れない。若さだけが取り得という感じの娘はあんまりいそうな感じじゃなく、どちらかというとラウンジ上がりというかそういう接客業に慣れた感じの娘が多そうに思えた。

ということで何の話をしていたのかもよく覚えてないが、時間になったのでチェックを出してもらい帰宅。総合すると、ボトル制であるとかそういう試みとしてキャバクラとは一線を画した雰囲気を作ろうという姿勢は評価できるかと。しかしいい意味でスタンダードなキャバクラというシステムも健在であり、キャバクラ好きな人であれば文句のつけ様はないような高いレベルに収まっていると思う。

まあまた機会があれば行ってもいいかなというところでお開きに。^-^)ノシ
トラックバック0 コメント4
加賀太鼓 片町店
2006-10-02-Mon  CATEGORY: 食事/グルメ
今回は珍しく仕事の元同僚と飲みに行く事になったので常日頃あまり一人ではいけない所にも行ってみようということになり、木倉町あたりから晩御飯を食べれるお店を探すことにする。最初に向かった所は貸しきり中にて終了。さてどうするかなという事で、前々から行列が気になっていた焼き鳥屋さんを思い出して前まで向かうと今日はそんなに混んでいないということで加賀太鼓片町店さんに決定。
加賀太鼓 片町店
石川県金沢市片町2丁目2-25
TEL 076 (263) 3486

場所はスクランブルからエルビル方面に歩いていき、エルビル前の信号機のところで右にはいると、右側に見える。よくお店の前で待ってる人がいたりするのでわかるかも。


中はいわゆる回転寿司のようなレイアウトというか。ぐるっとカウンターがお店を一周していて、その中で店員さんが焼き鳥を焼いているという感じ。男同士で来てる人や女同士で来てる人もいればカップルや同伴っぽいひともいるなど多種多様。

メニューは色々串物をメインに注文していたが、なんか20時ぐらいで既に品切れのものが多かったのが痛い。まあ入った時空席が既に丁度2席しかなかったぐらいの繁盛振りだったので仕方ないのかもしれないけど。味的には今回塩をメインに注文したが、ナンコツなどなかなか美味しかった。ししとうが恐ろしく辛くて口の中麻痺したので正直よくわからなかったのだが。(^-^;;;

ということで団体さんも来て席が厳しそうだったので早々に退出する事に。つっても一時間ぐらいいたけど。^-^)ノシ
トラックバック0 コメント3
<< 2006/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2017 DOD BLOG. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。