金沢から恵比寿に引越して出張先でだらだら飲み歩く記録
DOD BLOG
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
酒と人情料理 いたる 香林坊
2007-07-29-Sun  CATEGORY: 食事/グルメ
花火大会もまっさかりでスクランブルは若者の浴衣集団が練り歩く土曜日の夕方、普通に仕事で片町をスーツで走り回っていたわけだが、豆田あたりなんかは交通規制で多分すごい渋滞だろうから、仕事が終わったら渋滞に巻き込まれるよりそのまま飲みに移行したほうが賢いかなということで地元の友達と待ち合わせ。中央公園でなんか催し物をやってたのでふらっと覗きつつ合流し、木倉町あたりに行こうかという話になったが、どうせ今中央公園にいるのだから柿木畠も経由してみることにする。

柿木畠で有名店といえばいたるさんであろうか。柿木畠に2店と香林坊に1店のチェーン展開をしている人気店だが、我々のどちらも行った事がなかったので行ってみることにした。といっても本店や柿木畠の方は見るからに満員で無理くさい。香林坊店の前を通ると丁度2人組の女の子が出てきてどうやら入れそうということで香林坊店に決定。

酒と人情料理 いたる 香林坊
石川県金沢市片町2-7-5
TEL 076 ( 224 ) 4156



住所は片町になっているが、場所的には香林坊付近。109から裏通りを通ってラブロ方面に向かう途中に右手に見えてくる。このいわゆるラブロ裏の通りは他にも色々美味しそうなお店が多いので、片町が初めての人なんかはまずここを適当に歩いてみると腹ごしらえにいいかもしれない。

ということで中に入るとカウンターに若干の空きがある。とりあえずビールを注文。ここはエビスビールのお店だ。「エビスビールあります。」という例のちらしが貼ってあるが、メニューを見た友達曰くエビスしかないとの事。まあエビスは美味しいので全く問題はない。もずく酢やトマトサラダなんかを友達が頼むが、相変わらず文字だけで見てもあまり食欲が湧かずメニューはお任せ。適当に頼んで2人でつまむ感じで。ただ流石に腹も減ったので締めに何か頼もうかと思ったが、メニューには玉子焼が名物と書いてある。厨房を見てても常に玉子焼の注文が入ってるようでこれが一番人気なのかもしれないということで早速頼んでみる。

■ 一番だし巻き玉子
たっぷりの卵を厚く重ねた出し巻き玉子。かなりの量だ。大根おろしをかけて適度に醤油をたらす。なんというかプリンのようにプルプルとしている。食べるとフワフワな食感。味はまあ混じりっ気なしの玉子100%なんでいい意味で特別なものは無いが、焼き加減が絶妙だねこれは。

最後にきのこ雑炊も食して会計を。あれ?よく考えると魚を食べてないな。トマトと玉子ときのこか。日本酒も飲んでない。まあ花火大会だし。(-_-;;;
本来は多分日本酒を飲みつつ魚を食べるのがお勧めなお店だと思う。まあそれはまた別の機会に。^-^)ノシ
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント1
LOFT 101
2007-07-28-Sat  CATEGORY: 閉店
朝も昼も何も食べてなくて片町にやってきたので、さすがになんか小腹に入れようと思い、まだ見ぬ食事処もしくは軽食の取れるバーなんかを物色してみることにする。気分的にはバーなんかがいいかなと思い、そういえば昔友達がよく言っていたLOFT 101さんに行ってみるかと思ってコスモスビルに向かってみる。なんたってビアバー(ビールバー)と言うくらいだから、ビールを飲みつつ豊富なおつまみを食べれるぐらいのメニューは取り揃えているに違いない。

ちなみにうちのリンクからも珍しく全国展開のお店としてLOFT101さんが貼ってあるんだが、東名阪なんかで展開中ではあるけど実は本店は金沢だという噂を聞きつけて、片町発祥のお店ならばということでリンクを貼ってあったりする。ホームページを見ると運営会社の本社が京都になってたりとよく分からないのだが。なんか最近リニューアルしたみたいで、開いた瞬間大音量のムービーが流れるので開く時は注意してほしい。基本的には会社でこっそり幹事さんが見るブログ的な感じを想定してるので、こういうサイトはほんとはあまり載せたくないんだけどね。まあもうしばらく様子を見てみることとしよう。

LOFT 101 STREET CLUB
石川県金沢市片町1-12-12 コスモス片町3F
TEL 076 ( 224 ) 8668


んで本題だが、場所はコスモスビルってことでいわゆるアパホテルの裏になるかな。スクランブルからで言うと、ミスタードーナツ前から夢館2の手前を左に曲がって1分ほど歩いた所の右手にある。おそらくバニーガールの看板が立ってるのですぐわかるだろう。正面は下に降りる階段しかないのだが、その横に奥に入る扉があるのでそこからエレベータまでいく。ガラス張りのエレベータにのって3階までいけばあとは分かるだろう。

入り口には価格表が出ているので入る前に見てみるのもいいが、大体説明するとセット料金3500円のサービス料8%の消費税5%で、入るだけでまず約4,000円かかる。そこから飲物(ボトルorショット)やフードの値段がかかって時間は一時間。・・・なんというか、これはビアバーというか普通にバニーガールのコスプレが売りなパブやスナックという認識の方がいいかもしれない。普通にご飯食べに来たのにかなり虚を突かれた感じだ。(^-^;;;
とりあえずエビスビールととり皮の唐揚げを頼んでみるが、エビスは黒しかないと言われる。仕方がないので嫌いな一番搾りで我慢。とり皮の唐揚げはレモン汁をかけて食べるタイプでさっぱりとしてうまい。ちょっと味付けが甘すぎる感じはあったがまあ問題ないレベルだろう。
ふと周りを見るとビアバーなのにみんな鏡月らしき焼酎を飲んでて、ビールを飲んでるのは私だけだったりする。まあ周りから浮いているのはいつもの事なんで特に気にしないけど。どうやらみんなバニーさんと喋りにきている感じのオジサン層が多かった。しかもほぼ一人。

ということは言い方を変えればこの店のメイン商品は女の子なのだが、次来た時はまた同じバニーさんが付いてくれるのだろうかと思い聞いてみると、全くのランダムというかその場その場で変わるらしい。女の子メインで通ってもランダムで付く娘が変わるとなんか寂しいものがあるのだが。まぁしがらみとかめんどくさいという人には合ってるのかもしれないが。
お店の方針として名刺も無く、一緒に話してた娘の名前すら知らないで帰ってきたわけだが、もしかしたら立地条件も合わせて考えると、アパホテルに泊まる出張サラリーマンをターゲットにしているのかもしれない。それなら毎回ランダムでもいいだろうしね。あんまり地元の人を狙ってなさそうに感じた。

とまあここまではいわゆる、ビアバーという言葉に惑わされて行ったものの予想と全然違う状況でパニックになっている時の感じを表現してみたのだが、実際ガールズバーだと理解した上で行ったらどうなのかという部分でレポートを書いてみようと思う。(長い^-^;;;

店内はカウンター10席ほどと多分団体用のボックス席が2セット。予想よりかなりこじんまりした店内だ。ホームページの写真なんかから想像すると結構広いのかなと思っていたのだが、ごく普通の食事処ぐらいの大きさ。女の子はバニーさんが4人ほどとなんかビールのキャンギャル(?)的な人が5人ほど。全部で10人弱ってとこか。キャンギャルてーかいわゆる白いワンピースのボディコン姿かな。お酒メーカーのロゴらしきものが入ってたがどこかまでは見てなかった。ホームページに出ていたIWハーパーの制服はそういえば見当たらなかったな。

女の子は見た感じ全員20代前半って印象かな。バニーさんやボディコンな制服なこともあってか色気ムンムンな人も多かった。オジサマキラーってやつだな。いや実際かわいい娘は多かった。私に付いてた娘もなんとなくアコムのCMに出ていた小野真弓って人にちょっと似た感じ。ちゃんと心構えして次回は行きたいものだ。今回はほとんど質問と解答だけで終わったからな。まあ未だに分かってない部分は多いんだが。

なかなかどういう時に行くと丁度いいかというポジションが微妙そうではあるんだが、行き慣れたお店が倦怠期になって来た時なんかに浮気相手として行ってみるといい感じかなあ。通えば通うほど面白くなるというシステムではなさそうなんで、気分転換にバニーさんとお喋りって感じがそつなく楽しめる行きかたかもしれない。カラオケはないが店内は結構うるさいので、盛り上がってきた3次会ぐらいを推奨。

まあビアバーと名乗ってはいるが、普通の女の子のお店という認識で行けば楽しいかと思う。御飯を食べに行ったりビールを飲み比べに行くとちょっとアテが外れるので注意。コスチューム的にも推奨年齢は35歳以降かなぁ?(^-^;;
トラックバック0 コメント2
あかね色 (2)
2007-07-25-Wed  CATEGORY: ラウンジ/クラブ
久々にあかね色さんに顔を出してみる。前に訪れたのはいつだったか、多分今年に入ってから行ってない気がする。前回ボトルを空にして、次来る時はジョニ黒用意しておいてねと言ってそれっきりな気がするのだが、果たして半年後に行っても覚えているものなのだろうかと不安に思いつつ行ってみることにした。

ふと見るとカウンターに一席だけ空きがある。なんかこういうパターン多いなぁ。とりあえずカウンターに座る。いつものボーイ君と目が合い、ゴソゴソと棚の奥から無言でジョニ黒を取り出して、覚えてますよと言わんばかりにニヤリ。マジか。正直覚えてるとは思わなかった(^-^;;;
まあぶっちゃけそれが書きたかっただけだったりするのだが、それだけだと寂しいので近況も含めて店内の様子を書いてみる。ていうか移転してからの情報を書いてなかったかもしれんな。


店内の広さは7階の時とそれほど変わってない。カウンターが6席にボックスが4セットか。ただ前よりはなんというかゴージャスな感じにはなってる。付出には変わらず梅干と葉っぱ系のおひたしが。前にこのブログでそういう話を書いたものだから逆に止めれなくなったとかあるかもしれない。いや無いか。

まあこの日は忙しそうだったので、さっさと切り上げる。まあさすがラウンジだけあって久しぶりに来ても全く変わっていない。変わらなさがラウンジの長所なんだが、ブログ的には書くことがなくて困るな。(^-^;;;
トラックバック0 コメント0
コスプレキャバクラ?
2007-07-19-Thu  CATEGORY: ニュース/イベント情報

以前シンニチビルの前でメイドさんが抜き店のポン引きと駄弁っているという話をしていたと思うが、どうやらこっちのお店かな?もしそうならメイドバーにしてみればいい迷惑のような気がするが、メイド喫茶掲示板なんかを見てみるとどうやらメイドバーの方は閉店する予定だとか。結局いけなかったが予想よりは長続きしたんではないかというのが率直な感想だ。

んでこの夢空間とかいうお店はいわゆるClub Emaさんの跡地に出来た店。看板を見る感じでは「コスチューム」「NewStyleClub」「ウェディングベル」などとかなりカオスな感じが漂う。これだけ看板からどんなお店か想像できないのも珍しい。まあでも一時間5000円で1ドリンク・税込みなら普通のキャバクラなんかよりは安いのかも。でも指名料とか書いてないからキャバクラではないのかな。かなり謎。

元祖(?)のカナザワメイドクラブの方と関係あるのかは知らないが、メイドブランドというのは未だ健在なのかな。好奇心的にちょっと見てみたいなと思った私は既に罠にはまってしまっているのだろうか。(^-^;;;
トラックバック0 コメント23
セル・ポワ 美食酒家
2007-07-10-Tue  CATEGORY: 食事/グルメ
最近はなかなかミュージシャン時代の再燃とでもいうか色々音楽に纏わる活動をしていたり。といっても現状は見る専門だが、友達のライブを見るために片町のG-stageというライブハウスへと足を運ぶ事となった。ミリオン片町ビルという所の地下だな。新天地の横ぐらい。まあせっかく片町なので、早めにいって美味しいものでも食べてから行くかというような話で友達と二人でバスにて日曜の片町へ。日曜の夕方なのでかなり開いてる店的に微妙な所が多い。スクランブルから周りを見渡した所でもう思い当たるのが魚民とか白木屋ぐらいしかなくてちょっと鬱に。せめて土曜ならまだ美味しいお店もあっただろうけどねということでさっさと片町をあきらめて木倉町へ歩き出す。

木倉町と言えば今まで何店か行ったことがあるが、今回は友達の意見を元に色々回ってメニューなんかを見てみるがいまいち決定打に欠けるようだ。はっきり言ってライブの時間も迫ってるのであんまり悩んでもいられないので、助け舟として以前鬼の棲家さんでオープンのDMをもらったことのあったセル・ポワさんを勧めてみたところようやく夕食が決定した。

美食酒家 セル・ポワ sel.poivie
石川県金沢市木倉町1-8 奥多ビルB1F
TEL 076 ( 265 ) 4060


アルファベット部分は多分こんな綴りとロゴから推測して書いたので違ってるかも。場所は木倉町のラブロ方面から歩いて2分ほどで右手に看板が小さく見えてくる。人一人分ぐらいの狭い階段を降りていくと入り口が現れる。かなりの勢いで分かってないと見えにくいお店ではある。分かりやすくいうとこのへんだね。


階段を降りて進んでいくと入り口が見える。中に入ると4人がけほどのテーブルが4つぐらいで、かなり小さ目のキャパシティだ。隣には20台後半ぽいカップルと5歳ぐらいの子供を連れた家族がいた。とりあえずビールを飲んでメニューを見てみる。かなり気になるメニューが勢ぞろいであるが、忘れてはいけないのは今から友達のライブが始まるのである。そうそうたくさんは頼めない。前菜の盛り合わせとトマトのサラダを頼んでみる。

serupoa2.jpg■前菜五品盛
隣の人も食べていたので割と人気メニューかもしれない。説明を色々してくれたんだがあまり覚えてない。加賀野菜とか使ってるというのはなんか覚えてる。真中のは茄子だが、正直あまり茄子は好きでもなかったけどこれはむちゃくちゃうまかった。ソースというか日本的にいうとタレも美味しかったなぁ。

食べ終わってかなり後味を満喫していたが、どうやらライブ的に時間切れらしい。清算して退店。木倉町から新天地を抜けてミリオンビルへ到着。もちろん時間どおりに始まらずに結局待たされたのは言うまでもない。これならあと1品頼めばよかった…。まあ楽しみは後に取っておくとするか。

総評としては、少人数でゆったりとグルメ満喫的な雰囲気であり、大人数の宴会等には合わなさそう。メニュー的にもうまいものを少しずつというアダルト向け。20代後半ぐらいから多分こういう料理の良さが分かってくると思うので、それ以降のカップルや夫婦なんかにお勧めしたい感じ。ちなみに見たところ店内には灰皿は無かったので、嫌煙家な人にもオススメ。料理を楽しんでる横でタバコ吸われて台無しってことも無さそうだ。禁煙なのかは知らないけどね。まあでもあのキャパと客層だと吸える雰囲気ではないと思う。(^-^;;;
トラックバック0 コメント0
グラマライズ (2)
2007-07-04-Wed  CATEGORY: ガールズバー/スナック
というわけで久々に顔を出したのはグラマライズさん。前回から約半年振りな上、ボトルも無いのでまぁ流石に忘れ去られているだろうという感じである意味気楽に行ってみる事にした。今回は平日なんでまあ前ほどテンパってないだろうと思ったが、当たり前のごとくほぼ満席だ。端っこの方に一人分だけ空きがあったのでなんとか腰を落ち着けることができた。




前回はもう写真とかそれどころじゃなかったので、今回は写真を色々撮ってみる。まず目に入るのがピンクのネオン看板だな。なんとなく前回アメリカンといってたのが分かるだろうか。使われてはいないが頭上にはミラーボールもあったりで派手派手志向だね。

前回ついた娘は今は週末のみになったようでこの日はいなかったが、変わりにというか3人ほどローテーションした。この店初めてですかー?的な話で前回のスコッチさんと名付けられた話なんかをしていたら、どうやらその筋では有名だったらしく一発で話が通じてしまった。握手とか求められたり。どうやらうちのブログを印刷してお店でみんなで読んでいたらしいとか。光栄なんだが前は忙しい中行った事もあって、大して何も書いてなかった気が…。(^-^;;;

ローテーションする間にみんなドリンクを飲んでいたのだが、ここは飲み放題の料金に全て含まれているので、追加料金が発生することはない。いまどき珍しいかもしれない。ドリンク代やサービス料や指名料や同伴料、色々とナイト産業に纏わる不明瞭な料金体系が出てきて、それが業界標準となっていることにあまり疑問を抱かない風潮が蔓延しているからこそ、こういう明朗会計なお店というのはありがたいと思う。
総評としては、雰囲気的にも料金的にも片町初心者というか、夜のお店にあまり行ったことのない新社会人的な人が行くにはいいかもしれない。下手すれば青天井で料金が増えるお店は多いので、慣れてないうちはこういう所のほうがいい。最近はいきなりキャバクラに行って額面通り4,000円ぐらいだと思ってたらなぜか10,000円になっていてもう行かねえ的な人も多いと聞くし。
というかまずこういう良心的なお店で夜遊びを覚えたら、もっとラウンジ派は増えると思うんだけどな。最初の店がキャバクラだったらそりゃあ私も今ごろ片町行ってないかもしれない。(-_-;;;

まあ今回はネタ的にブログネタで終わった気がするので、ぶっちゃけあまりどんな話していたかとか覚えてない。チェック時のあまりの安さが印象的だったのでそれメインに書いてみたが、次回はちゃんと(?)女の子を見てこようと思う。
トラックバック0 コメント0
そもそもこのブログの名前であるDODってなんだろうと思った人は数多くいそうであるが、いい機会なので解説してみると「Drink Or Die」の略である。直訳すると「飲むか死ぬか」と言う意味だがまぁ意訳して「飲まないなら死ね!」という感じになるだろうか。ご存知の方もいるかと思うが、先日事故死した元X Japanのギタリストのhideさんの曲の一つだ。hideファンによるいわゆるオフ会と呼ばれる集いはそこから取って金沢D.O.Dなどの名称で呼ばれる事になった。ちなみに私は夜店デビューがそもそもピンクの髪に迷彩模様の服で歌舞伎町に突撃していったぐらいなのではあるが、片町に少なからずいるであろうhideファンのホステスさんやボーイくんを探していつか片町D.O.Dが開催できたらいいなという願いが込められていたりする。まあ興味のない人にはどうでもいいことだけど。(-_-;;;

というわけで大体お店に行くと音楽は誰か好き?というような話をこっそりと聞いてまわっていたりするんだが、先日某所でかなり熱狂的なラルクファンの女の子がいたので惜しいなぁとか思いつつ(^-^; そういう話をしていると、それならばという事で紹介してもらったお店が今回いったpublic bar ashさんである。

public bar ash
石川県金沢市片町2-21-6 シンニチビル7F
TEL 076 (223) 8687
http://a5navi.com/shop-pbash.html


場所はシンニチビル。サウナオーロラの横というか、有名なカナザワメイドクラブのビルだな。最近はそういえばメイドさんがビル前に立ってるのだが、ずっと抜き店のポン引き君と仲良さげに喋ってる姿はなんというかメイドバーの客質的にダメなんじゃないだろうかと心配しつつ前を通り過ぎる事が多かったりする。
話が大幅にそれたのでもどすと、このビルの7Fなので的-BARさんの前だな。店内はかなり広めでカウンターが10席ほどとテープルがいくつか。広いはずで、端にはドラムセットやアンプ、スピーカーなどが並べられていて簡単なライブを開催できるような感じになっている。まさにロックバーという感じ。ホームページを見ると今までの出演バンドなんかも見れるのだが、結構本格的なライブスペースのようだ。

んでなぜにお勧めされたかというと、マスターが元X JapanのPATAさんや元Spread BeaverのDIEさんと交流があって、金沢でのライブの時に前座で出演していたりもする方だということで、hideさんとの直接面識ではないがかなり近い交友関係にいたということで紹介されたわけだ。

まあ妄想癖の私のことなんで相変わらず入る前は、金髪モヒカンの両腕タトゥーな鼻ピアス店長が獣のような目でにらみつけて来るような感じを想像していたりしたのだが、皆さんのご想像通り全然そんなことはなくフレンドリーなバーだった。特に上記の経緯なんかを話していると、さりげなくzilchを流してくれたりなどの心配りもツボを心得ている。マスターはお店のというよりもうすでに猫一色と化しているブログを書いているぐらいで、音楽バーに興味はあるけどちょっと行くのが怖いという女の子なんかでも気軽に入れる感じだ。まあ郊外ならともかく片町ではそんな怖い店あっても淘汰されるだろうけど。(^-^;;;

とりあえずは仕事の残務もあって2杯ぐらいで引き上げることにしたのだが、これはもう将来的に片町DODを開催できるとなったら有力な開催地候補の誕生だな。朝4時までやっているとの事なので、アフターなんかにも良さそう。アフターがロックバーってのもかなり個性的だな。今度誰か誘ってみよう。てなわけで一旦帰宅^-^)ノシ
トラックバック0 コメント0
<< 2007/07 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2017 DOD BLOG. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。