金沢から恵比寿に引越して出張先でだらだら飲み歩く記録
DOD BLOG
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
New Style KiRAKiRA
2016-02-16-Tue  CATEGORY: ガールズバー/スナック
さて、博多まで行って中洲に行かずに天神を攻めるあたりが天邪鬼という事で、かつて隆盛を誇った親富孝通りに来てみる。今となってはあまりお店もなく、いわゆる夜店としてはこの天神ウイングビル周辺のみを残すばかりとなっている。まあ当然居酒屋とかはそれなりにあるので飲むに困ることはないがね。

てことで、最初に行ったのは今回のKiRAKiRAさんというガールズバー。KiRAのところには「K-point of idol, Rise of Actress」と書いてある。Google先生にて直訳してもらうと「アイドルのK点、女優の台頭」という事らしい。K点てのはあれかな?スキージャンプ的な。まあ後付けっぽいのでいいか。あまりネットに情報が無かったけど、つい最近できたお店らしいね。

New Style KiRAKiRA
福岡市中央区天神3-4-17 天神ウイングビル2F
TEL 092 ( 716 ) 1350


K-point of Idol, Rise of Actress
親富孝通りは天神北のバス停で降りればすぐに行ける。その中でもどちらかというと南よりの方に天神ウイングはある。ちなみにウイングは向かい合うビル同士でウイングビル1とウイングビル2というナンバリングがされている。前に店員がウロウロしてるのですぐわかるだろう。

といっても、ここでは写真を撮れなかったので、簡単にレポートする。文字だけだとなんともだからね。といっても別に撮影禁止とかではなさそうだが、恥ずかしいので嫌だって言われただけだけどね。なかなかに若くて可愛らしいこだったので、次の機会には撮影できるといいなあ。

店内はカウンターとボックス。今回はカウンターに座ったが、ボックス席的なところでなんかゲームをしてる集団もいたりでわりと自由。年齢は10台後半から20台前半。ドリンクのおねだりはあったが、別にしつこくも言われない。

次回の博多出張で写真が撮れれば続報を書きたいお店ではあるが、とりあえず今回はこんな感じ。
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
ハイボールバー 中洲1923
2016-02-13-Sat  CATEGORY: ショットバー/ダイニング
日本三大歓楽街として挙げられるのは、札幌のススキノ、新宿の歌舞伎町、そして博多の中洲というのがオーソドックスであろうか。金沢片町をはじめ、名古屋錦や大阪ミナミ、仙台国分町や新潟古町などいろいろまわってるが、やはり人の多さやバラエティーの豊富さなどを含めてこの三か所は抜きんでているなという印象。天邪鬼な性格ゆえにあまりメジャーな歓楽街には行かなかったんだが、さすがに博多出張となっては中洲に行かざるを得ない。といいつつ実は天神ばかりに行ってしまうのもやはり天邪鬼の性か。

まあそんな感じで中洲をブラブラと歩いているのだが、やはりお店の数も多く何とも迷う。とりあえずもつ鍋や水炊き、とんこつラーメンなどの博多っぽいお店はありつつも、基本的には景観を損なう膨大な案内所の数、通行人と同じぐらい多い呼び込みのにーちゃん、店の前で嫌々立たされてるが特に声かけてくるわけでもなくスマホをいじってるガールズバー店員と、まあどこも同じ光景が広がっているわけである。

一通り歩いてみて疲れたのでどこかで一杯、と思ったら中洲のど真ん中になんか贅沢なスペースを使ったバーがあったので、ここでいったん作戦会議。今回のお店である中洲1923さんである。すぐ近くにニッカバーもあったので迷ったが、写真映えを重視してこちらで。(^^;;;

HIGHBALL BAR 中洲1923
福岡県福岡市博多区中洲4-4-10 ホテルリソル博多1F [MAP]
TEL 092 ( 292 ) 5622


場所はホテルリソン博多の1Fってことで、ホテルリソンを探すのが一番手っ取り早い。とっても中洲の交差点から中に入ってずっと歩くと、急に開けた空間が出てくるのですぐにわかるだろう。

nakasu1923_1.jpg
nakasu1923_2.jpg
nakasu1923_3.jpg
1923っていうのはサントリーの山崎蒸留所が出来た年ってことで、いわゆるサントリーのウイスキー元年みたいなイメージかな。新橋や梅田にもあるハイボールバーの中洲版なので中洲1923という名前になったようだ。しかし恵比寿に住んでる身としては、なかなかに郷愁を感じる店構え。なんとなく恵比寿ガーデンプレイスに似ている。まあ煉瓦ってだけかもしれんが、そういえば恵比寿もサッポロのヱビスビールの本拠地だったね。

nakasu1923_4.jpg
というわけで、やはり中洲でしか飲めないものを飲みたいってことで、中洲ハイボールを。マッカランをベースにしたハイボールってことだ。山崎ハイボールや角ハイボールも飲んだけど、やはり名前的に写真を撮るならこれでしょう。

ここは強炭酸を使用しているためか、コンビニでソーダ水を買ってきて自分で作るハイボールとはわけが違う。一口飲んだら口の中で炭酸がずっとはじけてそのうち溶けてなくなる。その中にウイスキーのほろ苦さと柑橘系の酸っぱさがちょっと混じって独特の味わい。別の言い方をすれば、ウイスキーが苦手な人にもウイスキーだとわからない感じで飲めそうではある。
氷も、グラスの大きさに合わせた長方形の大きな氷。小さな氷をたくさん入れるより表面積が少なくなるため、氷が溶けにくいってやつだね。一杯を普通に飲み終わった状態で、出て来た時とほとんど氷の大きさが変化していない。そうとうな低温で凍らしてあるのであろう。
居酒屋なんかのハイボールだと、ちょっと置いておくと氷が全部溶けてしまうのを経験した人も多いかと思うが、そうなると本来のハイボール成分であるウイスキーと炭酸以外の「水」の割合が増えて薄まってしまうので、お酒好きな人はこの氷の取り扱いにうるさい人が多いのである。まあ徐々に氷が溶けて味がまろやかに変わっていくのを楽しむ「オンザロック」っていう飲み方もあるので、一概に溶けない方がいいってわけでもないのだけど。

色々なハイボールを飲みつつも、フードも色々置いてある。隣の人はナポリタンを頼んでいたな。今回は写真はないが、やはり地方独特のものがいいって事で、大分の中津からあげがあったのでそれを肴に飲むことにした。
フードといえば、ここは渇き物のビンが置いてあって食べ放題になっている。ちょいと飲むぐらいならこれだけでも十分おなか一杯になるだろう。

てな感じで写真を撮りつつ飲んでると、チーフっぽい女性店員さんが興味深そうにカメラを見ている。中洲の夜景を撮りに来たんですよとか適当なことをいいつつごまかす。まあ正直にキャバ嬢の写真を集めてるんですよと言っても別にいいんだが。なかなかこちらも可愛らしい感じ、というか人懐っこい感じで会話にも華が咲き、そうするとお酒もすすむというものである。

立地的には最高だし、雰囲気も最高、外からも中の様子が見える為、どんどんお客さんも増えていきカウンターが満席になってきたので会計をして帰る。中洲の作戦会議拠点としてまずは一件目に如何だろうか?ぜひ東京や大阪の方も、新橋や梅田のハイボールバーの近くを通った際には一度訪れてみてほしい。^-^)ノシ
トラックバック0 コメント0
元祖肉肉うどん 川端店
2016-02-11-Thu  CATEGORY: 食事/グルメ
よく出張に行く場所として、博多がある。大体泊まる時は天神か中洲のホテルをとって遊びに行くのだが、中洲のホテルに泊まった際に見つけたのがこのお店。地下鉄中洲川端駅からホテルに向かっては、博多川端商店街という博多で最も古い商店街を通っていく感じになるのだが、その際に博多名物という文字に引っかかって足を止めた。
明太子やもつ鍋などは有名だが、肉肉うどんはあまりなじみがない。東京でも池袋に一店あるようだが覚えてないなあ。でも博多には割といっぱいある。ってことでまずは食べてみよう。

元祖肉肉うどん 川端店
福岡県福岡市博多区上川端町5 三苫ビル [MAP]
TEL 092 ( 282 ) 0966
URL : http://nikunikuudon.co.jp/


場所は前述のとおり、博多川端商店街の端っこにある。中洲川端駅から川端方面に出ると商店街になっているので、それをそのまま奥に進めばいい。有名なウエストとかも途中にあったね。
nikuniku_udon1.jpg
nikuniku_udon3.jpg

肉肉白めしセット 【肉肉うどん】■肉肉白めしセット
お店には、美味しい食べ方として残った汁にご飯を入れて雑炊にすべしみたいに書いてあったので、とりあえず郷に入っては郷に従えという事でごはんセットを頼んでみる。
ここの特徴としては、しょうが大盛りが無料でたっぷり入れてもらえる。あと替え玉を100円で頼めるが、その替え玉にもしょうがが乗っていて相当しょうが押しなようである。ちなみにうどんを頼んでも替え玉にそばを選べるのも面白いね。

うーんまあご飯はなくていいかなあ。単品うどんで十分に美味しいので、替え玉とかトッピングの方がいいかもね。
川端店以外にも池袋をはじめ、名古屋や北海道、インドネシアやマレーシアにもあるっぽいので、見かけることがあればぜひご賞味あれ。
トラックバック0 コメント0
おいらんガールズバー 凛々
2016-02-08-Mon  CATEGORY: ガールズバー/スナック
さて、最近ホットな中目黒にてもう一軒のガールズバー。こちらはわりと昔からあるようで、中目黒で検索するとだいたいここの情報が出てくる。まあぶっちゃけ注目度の高い店は、アクセス稼ぎにもなるので、復帰したてで全盛期の1/50まで落ちたアクセス数を戻すにはいろいろと尖ったお店がやっぱり良かったりもする。尖ったお店さん、レポート書かせてください。(^-^;;;

てことで、東急東横線および日比谷線にのっていると必ず車窓から見える着物の女性の看板。嫌でもみなさん目につくようで、当然自分もチラチラ見てはいた花魁をテーマとした凜々さんである。ホームページには中目黒と書いてあるが、住所的には上目黒なんだね。まあ恵比寿と名の付いた目黒のアパートに住んでたことのある身としては大した話ではない。

おいらんガールズバー 中目黒 凜々
東京都目黒区上目黒3-3-9 第二牡丹ビル3F [MAP]
TEL 03 ( 6452 ) 2206
URL : http://www.girlsbar-riri.com/


場所は中目黒にいけばもう誰でもすぐにわかるぐらい。山の手通りの反対にある出口から出ると、もうまさに目の前に入り口がある感じ。迷うことはないだろう。

nakameguro_riri
店内はわりと広めというか、開放感がある感じ。なんか予想としては、もっと吉原的な雰囲気を醸し出したいやらしい感じかと思ってたけど、いたって普通。むしろ星形のタンバリンとか置いてあってどちらかというと洋風。とことん和風に突き抜けて襖とか畳とかあると面白いんだけどね。まあ花魁だからいいか。

あんず 【おいらんガールズバー 凛々】あんず 【おいらんガールズバー 凛々】
あんず 【おいらんガールズバー 凛々】あんず 【おいらんガールズバー 凛々】
この日についてくれたのはあんずちゃん。写真自体は撮られるのも好きという事で、色々と調子に乗ってポージングを要求して撮ってみた。セクシーになりたいという事で、いろいろと色気のあるポーズを撮ってみる。花魁風衣装とも相まってなかなかに雰囲気が出てるのではないだろうか。まああくまでも花魁風ってことで、そもそも花魁とは~とか細かい設定とかを気にされる方もいるだろうがまあ要するにセクシーならいいじゃないかの精神でここはひとつ。

ちなみにお店のテーマとしては、花魁風という事で艶やかさとかがアピールされているのかなとも思うけど、年齢層としては若い子も多いとの事。慌ただしく出入りしていた子たちは確かに花魁というには青い感じの子も多かった。カラオケもあったりとかで、基本的にはあまり雰囲気にとらわれずに、単なる駅前の終電間際まで飲んでても安心なバーぐらいの位置づけで考えておけばいいだろう。

飲み放題は追加で1000円とか、なんか色々料金体系も細かくあるのだが、店の前にはお店のスタッフが大体いるので聞いてから入れば大丈夫。公式ホームページには割引用のクーポンなどもあるので、お試しで行ってみたい方であれば最初は相当安く入ることもできる。初回だと雨の日に割引になるなどのクーポンもあるね。

個人的には、日曜日も営業しているというのが大きいかな。周辺の恵比寿や目黒だと大体日曜日は全滅なんで、飲みたいなと思ってもあまり行く場所が無いんだよね。

総括としては、看板とか花魁とかいろいろ尖ったワードが出てくるお店だが、中に入ればわりと普通のバーって事であまり気張らずに気軽に来れるお店かと。立地もいいので、雨が降ってたら電車に乗る前にふらっと寄ってみては如何だろうか。
トラックバック0 コメント0
Bar EdenHall イーデンホール
2016-02-08-Mon  CATEGORY: ショットバー/ダイニング
さて、新潟出張シリーズも残すところこの店で締め。つってもまた出張あれば色々回ってみるので、いい店があれば今後もどんどん載せたいけどね。次からは博多と大阪の出張が控えてるんで、とりあえず今回はそちらに軍資金を温存しておく事にする。

今回行ったお店は本格的なショットバーのイーデンホールさん。店長の名前が佐々倉溜かどうかはわからないが、オープンして三年目と言っていたので恐らく影響は受けたのだろうなと邪推しておく。

eden Hall
新潟県新潟市中央区米山1-5-17 [MAP]
TEL 025 ( 248 ) 5589


edenhall2
ただまあ中に入れば圧倒的な酒のボトルがお出迎え。明らかにそんなふざけた空気を吹き飛ばす量である。しかも、酒の質としてもなかなかお目にかかれない酒が多く、まさにショットバーの本質である「高いお酒を丸ごとは買えないので、一杯(ショット)だけ飲みたい」という楽しみ方をできるお店であろう。

edenhall3
まあ御託はいいからとりあえず写真から雰囲気を感じ取ってもらいましょう。どうですか?彼女を連れて行きたくなるでしょう。

edenhall4
実際この時は、熟年カップルというか夫婦というか、そういう人がカクテルに舌鼓を打っていたね。流れるミュージックと共にアルファー波出まくりで落ち着く空間だ。

edenhall1
私は最近バーに行くと、グレンリベットで始めてバランタインで締めるってのに凝ってる。てことでグレンリベットの水割りからスタート。長い一本の氷がお洒落だ。

新潟の中では栄えている万代口方面ではなく、珍しく南口方面にある。というか、派手派手な万代口とちがって南口方面は落ち着いた佇まいの本格的なお店が多い。スキーなどで新潟に行く方も多いと思うので、その際には南口にも目を向けてみて頂ければ幸いである。
トラックバック0 コメント1
らーめん 濱来た
2016-02-06-Sat  CATEGORY: 食事/グルメ
新潟出張も終わりを迎え、新幹線に乗るまでの間に時間が空いたので駅前でなにかゴハンでもと思い、フラフラと歩いていた結果見つけたラーメン屋さん。餃子無料券をお店の前で配っていたので、まんまと引っかかってホイホイついていってしまったわけだな。

らーめん 濱来た
新潟県新潟市中央区弁天1-3-26 [MAP]
TEL 025 ( 249 ) 9580


味噌とんこつ 【らーめん濱来た】■味噌とんこつ
よくわからなかったが、食券販売機に「人気ナンバーワン」と書いてあったので味噌とんこつを。ライスか大盛りを無料で選べるとの事で、写真のは大盛り。学割ボタンとかもあったし、おなか一杯食べたい学生さんとかには人気のお店なのかもしれない。

味的にはまあ味噌ラーメンだね。そこまで濃厚じゃないので自分好み。太麺と細麺を選べるので、お好きな方をどうぞ。
トラックバック0 コメント0
カフェ&バー こかげ
2016-02-06-Sat  CATEGORY: ガールズバー/スナック
新潟に最近よく出張するという事で、当然新潟でも色々と現地の状況をリサーチしているのだが、どうやら新潟駅付近では古町という界隈が繁華街の模様。駅前にも色々お店はあるが、こちらはどちらかというと比較的安価でゆるいお店が多い。古町はなんというか佇まいがすでに上品な感じ。日本料理屋とかも多く、クラブ・ラウンジを主体とした同伴でのマネタイズが確立されているようなイメージ。駅前と違って呼び込みも声をかけてこないので、なんとなく治安もいいイメージだね。

という事で一通り歩いてみたのだが、さすがにキャッチで話しかけてくる事はほとんど無い為、まさに自分の感性でお店探しをしなくてはいけないわけだ。声をかけてこないながらもお店の前で女の子が立っててこちらを見てくるみたいなのはあって、いろいろと誘惑に負けそうになりながらもとりあえず全部の店をざっくりとまわってみる。
そんな中で30分2100円という短時間の料金を押し出しているお店の看板を見つけた。というのが今回のお店。30分で2100円ならまあ楽しくなかったとしても割り切れる料金かなって事で、気楽な感じで行ってみる事にする。

カフェ&バー こかげ
新潟県新潟市中央区古町通8番町ナカヤビル2F [MAP]
TEL 025 ( 229 ) 5225
URL : http://www.bar-niigata.com/


古町のメインストリート?というのかな。そちらの方にあるお店。なんか家系ラーメン屋の前あたりかな。さすがに出張の身で詳しく説明はできないので、地図ソフトなどを使ってご確認頂きたい。

みい 【カフェ&バー こかげ】看板にもなっている「みい」さん。
ここのお店はとりあえず常に賑やかしい。てことで他のお客さんが写らないように内装などを撮れなかったが、カメラにものすごく興味を示して撮影大会のようになった為、多少店内の様子もわかる写真が撮れていたので、このあたりから雰囲気を感じ取っていただければと思う。どちらかというと、見てわかるように明るめの照明で、まさにカフェ&バーというなにふさわしく健全な感じ。料金も自動延長だが、指定の時間で切ってくれたりもするので安心。夜店の初心者でも安心して一人で送り込めるお店である。

ここの売りの一つとして、お惣菜などもある。自分は一度も頼んだことが無いけどね。なんか系列店でたこ焼き屋とかもあるようで、そのあたり色々本格的なのかもしれない。まあ特にドリンクにしろお惣菜にしろおねだりされることは殆どないので、そういうのが嫌いな人でも安心してもらえるだろう。

みい 【カフェ&バー こかげ】このみいちゃんをはじめとして、女の子は基本的にひたすらハイテンション。この時はどちらかというとコミュニケーションが苦手な若い部下と行ったんだけど、その彼がこの店は非常に楽だったと言っていたのが印象的。要するに、お金を払って気を遣う感じがなく、適度に楽しく盛り上げてくれるのでという事だった。

そのあたりの押し引きも絶妙で、新潟に行った時は是非一度は訪れたいお店である。安いし夜遅くまでやってるしで言う事なし。まあ大体いつも閉店までいちゃうんだけどね。

ホームページにはブログもあるので、気になる方は是非チェックしてみよう。 ^-^)ノシ
トラックバック0 コメント0
SHELTER 中目黒 隠れ里
2016-02-03-Wed  CATEGORY: ガールズバー/スナック
金沢から恵比寿に引っ越して早5年。恵比寿を中心として渋谷や目黒なんかでも色々遊んでるので紹介したいお店情報はいろいろあるのだが、なんとなくブログを前提としてお店に行くのと単純に友達と遊びに行くのではやはり勝手も違うので、書こうとしてもなかなか書きにくかったりするんだが、そんな中自分がよく恵比寿で行っているガールズバーシェルターさんの2号店が中目黒にできるっていう事で、昔取った杵柄とばかりにカメラを構えてオープン初日の模様を取材がてら突撃してみることにした。

SHELTER NAKAMEGURO KAKUREZATO
東京都目黒区上目黒3-14-5 ティグリス中目黒Ⅱ2F [MAP]
TEL 03 (6142) 8728
URL : http://kakurezato.info/

よく行く1号店を書く前にまず2号店の事を書くってのも順番が逆な感じだが、新規オープンってのはブログとしては書きやすいのでリハビリにはもってこい。そのうち1号店もレポート書きますよ。そのうちね。

nakameguro_shelter1
場所は地下鉄日比谷線の中目黒駅から、山手通りを青葉台方面にちょっと歩いたビルの2階。
名前の通り、ひっそりと看板がでているのであまり目立たないかもしれない。

nakameguro_shelter2
カテゴリとしてはガールズバーなんだが、内装は本格的なショットバー。お酒の種類も豊富で、しかも飲み放題。
店長の酒知識も豊富で、普通にお酒を飲みに行くだけでも満足度が高い。
珍しいお酒に関しては杯数制限があるけど、それでも酒好きを十分に唸らせるラインナップだ。

nakameguro_shelter3
nakameguro_shelter4
この日は初日とあって、店長が直接お酒を作ってくれた。ただ女の子たちが慣れてくるに従って、徐々にそのあたりは任されていくようになるだろう。
逆に言えば、慣れてないうちはちゃんと店長が美味しいお酒を担保してくれるんだから、そのあたりからも普通のガールズバーと違うこだわりが垣間見れる。

nakameguro_shelter5
開店のお祝いで店長と乾杯したら、サービスにもらった。お店のお勧めであるシーバスリーガルのミズナラを入れたチョコとオレンジピール。ウィスキーバーボン的な大人の味。ちなみに自家製との事で、こういうメニューも結構ある。

メニュー的には、飲み放題がお勧めだが、チャージとショット料金のみで安くというプランも用意されている。基本的には自動延長制なので、気を付けておかないとどんどん料金が加算されていくのだが、時間になったら教えてもらったり、1分程度のオーバーであれば大目に見てくれたりなど、そのあたりも柔軟に対応してくれるので初心者にもお勧めのガールズバーと言える。

絆菜 【シェルター中目黒 隠れ里】あ、ちなみに、ガールズバーなのにまったくガールに関して触れてなかったのでそろそろ書きますが、基本的な衣装は白いバニーガールです。恵比寿は黒いバニーガールなんで、そのあたりはちょっと差別化されている感じだね。この時についてくれた女の子の写真をアルバムに上げてみる(本人了承済み)ので、良ければ参考にして頂きたい。
ただ、色恋的な空気はほぼないし、彼氏いる子は彼氏いると公言してたりするので、そういう意味ではキャバクラ的なのが好きな人はあまりお勧めしない。逆に、紳士的に大人の空間を満喫できる人には絶対に気に入るだろう。

朝までやっているので、恵比寿、渋谷、目黒近辺で、始発待ちなどの方にもお勧め。自分もおそらく頻繁にいます。(^^;
トラックバック0 コメント0
<< 2016/02 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -


Copyright © 2017 DOD BLOG. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。