金沢から恵比寿に引越して出張先でだらだら飲み歩く記録
DOD BLOG
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
吉祥寺を抑えてとうとう住みたい街ナンバーワンになった恵比寿だが、実際住んでる自分からすると土日静かな以外は特に住んでてよかったと思うものもなく、物価も高いし友達はみんな郊外で暇だし道をあるけばベロチューカップルだらけだし、会社が移転したら真っ先に郊外に引っ越そうと考えている根っからの自然大好き田舎者なわけだが、それでもやはりビジネスという観点では恵比寿は素晴らしい立地ではある。何より山手線と埼京線(湘南新宿ライン)、日比谷線という主要な電車が通っていることで、だいたい恵比寿からどこにでも簡単に行けてしまうのだ。渋谷や中目黒なんて歩いて行けるし、横浜や大宮も一本。日比谷線に乗れば六本木や銀座もすぐである。

という事で、せっかく恵比寿に住んでるのだからこの立地を活かしてもっといろいろな場所に行かなければっと思い立った結果、代々木から総武線に乗り換えて千葉方面まで行ってみる事に。千葉の繁華街と言えば最近開発が盛んな本八幡であろうか。そんな本八幡で最近できたばかりというキャバクラが今回のお店eightさんである。

Girls Club eight YAWATA
千葉県市川市八幡2-16-21 ウエストビル3F [MAP]
TEL 047 ( 712 ) 8383


eight yawata
ホームページは調べたけど無さそう。本八幡駅の北口を出たら、最初の交差点を左に曲がると看板が見えてくる。最近休みが変更になったようで、日曜日も営業しているが月曜日はお休みらしい。

看板を見る限り、60分で4000円。延長は30分で3000円と割高。60分だと5000円でちょいお得。でもこれ一回でて入りなおしたほうが安くなるんでは?とか思ってしまうがどうなんだろう。VIPルームやカラオケなんかもありそう。TAXが10%っていうのが超安い。東京だと普通に30%とかが当たり前だったりするので、長く電車に乗ってでもこの辺まで来た方が安く飲めそうだね。看板に書いてない料金でいうと、指名やドリンクは1000円。まあお店に入って軽く飲んで、だれか指名してドリンク飲ませてあげると6600円ってところか。千葉はこの店が初めてなんで、この相場が普通なのかどうかはわからない。

つーことで一人でさっさと入ってみる。自動ドアを開けると店員がいるがなにやら怪訝な顔をされる。この時の反応で大体お店の特徴が分かったりするのだが、この反応からすると見たことない客にあまり慣れてなさそうで常連が割と多いのかなって感じ。できれば事前に電話するか、お店の前らへんにいる店員さんに話して案内してもらった方がよさそうだ。

内装はわりとちゃんとしてる。ボックス席がわりと広々とあり、奥には相当集団で来ても大丈夫なくらいの大きなボックスもありと、VIPルームも含めれば色々なシーンに対応できそうな感じ。この時は奥でサラリーマン的な宴会が行われつつ、手前では一人客が女の子を口説いていた。そのさらに奥では女子を含めたグループがなんか慰安会のようにゆったりと飲んでいて、わりと客層は幅広い。まあでもやはりというか、若い感じの客はほぼいなく中年以降が多いかな。カラオケで演歌が流れてくると途端に場末感がでるのでアレなんだけど、特にうるさく感じはしなかった。あまり歌ってる人もいないのでよさげ。

eight yawata2
ウイスキーの飲み放題で入ったが、出てきたのはジョニーウォーカー黒ラベル。たっぷり満タンで出てきたが、開けるときにパキッという音は聞こえなかった。まあ別にいいんだけど。この時にバランタインとかマッカランとか、ボトルだけあまり高い銘柄だとちょっとなあって思うけどまあジョニ黒だし。他の店だとブラックニッカクリアのボトルで、裏でニッカの4Lから継ぎ足してると言ってたがそれならまあ同じ味だし良心的だなとは思う。ショットバーに通ってる身からすると、ボトルの酒が適度に減ってる方が普通だと思うんで別に継ぎ足さなくていいんだけどなぁ。(^-^;;;

ついた女の子の話を聞くと大体は周辺に住んでる地元の子が多いようだ。といっても市川とかちょっとちょっと離れたところから集まってきているらしいが。そういう意味では、より良い収入を求めてキャリアアップを目指すキャバ嬢というよりは、働きやすさと地域密着を目指すラウンジのホステスっぽい。まあでもパッと見3人ほど派手派手しいいかにもキャバ嬢って感じの子もいたので、指名して通うもよし、フリーで箱買いするもよしって感じかね。
ギラギラとした上昇志向の高そうな肉食系キャバ嬢みたいなのはどうやらいなさそうなので、まったりと飲みつつ安く長く常連として付き合っていくようなそんな雰囲気。まあそういう人は大体新宿とかに行っちゃうしね。総武線で一本だし。

てことで、終電の時間が近づいてきたのでそろそろチェック。自動延長ではないのでこの辺は安心。最後にお見送りされ駅にダッシュ。これぐらいの遠出ならちょっといろいろ周ってみたいなぁ。次はどの駅にいこうかな。
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
ガールズ酒場 姫島
2016-03-12-Sat  CATEGORY: ガールズバー/スナック
恵比寿といえば、元々はサッポロビールが恵比寿ビールの工場を建てたことで、その地名まで恵比寿になったというのは有名な話かと思われる。恵比寿のイメージと言えばオシャレで綺麗な街といったところだろうか。まあ確かにそれはそうなんだが、どちらかというと長らく住んでる自分にとっては大人の男女の街、出会いの街というイメージで、オシャレっていうのはあくまでそのデートの為の副産物かなあと思ってたりもする。出会いと言ってもなんかナンパ的な下品な感じではなく、それこそ恵比寿ビールなんかを飲みながらついつい隣の人と盛り上がってしまって仲良くなる的な、そんな感じの出会いかな。お酒の名前を冠した街なのだからある意味正しいと言えるだろう。

そんな中、恵比寿でも有数の出会いスポットとして知られるのが恵比寿横丁だ。いわゆる大きな建物に小さなお店がひしめき合っている感じで、ここでは隣の人との距離も近い為、男女のグループが自然と合流してしまうようなそんな空間である。肉寿司や恋酒場など、有名店も数多い中に颯爽と登場したのが今回紹介するお店の姫島さんである。

恵比寿横丁 ガールズ酒場 姫島
東京都渋谷区恵比寿1-7-3 恵比寿横丁内 [MAP]
TEL 03 ( 5422 ) 6342
URL : http://himejima.g-sakaba.jp/


恵比寿横丁自体は恵比寿駅から徒歩1分ほどで見つかる。西口を出たらマクドナルド方面に歩き、明治通り方面に抜けて行けばすぐに見つかるだろう。その中でも恵比寿横丁の最奥にある。突き当りの肉寿司を右に曲がると見えてくる。タコ公園の方から入ればすぐ左手にあるね。

暖簾をくぐってはいるお店の中には、カウンターメインで10席ほど。カラオケもできるVIPルームも隣にあるのだが+1000円だかの料金がかかるので、自分はほとんどカラオケを歌わない為そちらには入ったことはない。お店自体はつながっているので女の子などは同じメンバーだろうと思われる。女の子は3人ほどだろうか。ただしお店の奥にはもっと待機していそう。お店のTwitterなどでは出勤メンバーの名前などがつぶやかれているので参考にするといいだろう。

こちらのお店は基本的には飲み放題だ。なんか青汁が一番人気らしく、健康志向で青汁ハイボールをお勧めされたが、基本的にはスタンダードなメニューがそろっているのでご安心を。高級なお酒も飲み放題になるオプションもあるので、そのあたりは予算と相談して決めよう。自動延長かどうかは選べたはずなので、最初は時間になったら教えてもらうといいだろう。

女の子は白のワイシャツ的な感じで、なんとなくROYSさんと近いイメージかな。どっちかというとそれよりもカジュアルな感じ。ガールズ酒場というカテゴリではあるが、よくあるガールズ居酒屋みたいなセクシーな感じではなく、いわゆる普通のガールズバーと考えて良い。わりとアグレッシブな性格の子が多いように感じる。夜店に慣れているという意味ではなく、男の扱いに慣れているという感じかな。まあ横丁の客層的にもそういうノリの客が多いのだろう。お店は客に育てられるからね。

ただこの時の客層でいうとそこまで荒い感じではなかったかな。女性客もいたりで和気藹々という感じ。客層的にはさすがに恵比寿横丁内なだけに落ち着いた佇まいの人はいないので、比較としての他の恵比寿のガールズバーと比べるとややうるさいかもしれない。

恵比寿最安を謳っているこの店であるが、ハッピーアワーとして早い時間にいくと更にお安くなるので、まずは早い時間になど如何だろうか。^-^)ノシ
トラックバック0 コメント0
GIRLS BAR ROYS 恵比寿店
2016-03-08-Tue  CATEGORY: ガールズバー/スナック
みなさんは新しいお店を探すとき、どんな指標で探すのだろう?お店のブログにあがっている写真を見てっていう友達もいれば、呼び込みに呼ばれるがままにあてもなく彷徨うという友達もいる。そんな中自分はわりとその地域のランキング上位の中から選んだりすることが多かった。ただ、一つのランキングサイトではなく、まんべんなくいろんなランキングサイトの上位に必ず入っているようなお店はちょっと行ってみようかなと思ったりもするのだが、そんな中で恵比寿のお店を探している自分にピッタリなキャッチフレーズが目に飛び込んできたのが今回紹介するロイズさんである。

GIRLS BAR ROYS ロイズ 恵比寿店
東京都渋谷区恵比寿南1-2-6 サンポウ恵比寿ビルB1F [MAP]
TEL 03 ( 6412 ) 8101
URL : http://girlsbar-roys.com/


公式サイトを見てもらえればわかるが、このお店は「東京ガールズバーランキングNo.1!」という旗や看板を街中に立てまくりで宣伝している。当時まだ純粋だった私はそれを見て、なるほどここが1番人気のお店かーと意気揚々入っていったものである。ちなみに今の今までこのお店が実際にランキングトップになっているサイトは見つけられていない。いったいどこでNo.1なんだろう…。(-_-;;;

このお店は恵比寿界隈でチェーン展開をしているようで、目黒や中目黒、渋谷にもお店を出している。大体は駅前一等地にだしているのでよほどお金がある母体なんだろうね。ただ恵比寿店はちょっと奥まったところにあるので注意が必要だ。ものすごく簡単にいうと、恵比寿駅西口を出たらすぐに見える恵比寿銀座(恵比寿横丁ではない)に向かっていき、そのストリートの最後らへんにある。このあたりには他にもたくさんのお店があるので、覚えておくといいだろう。

お店近くに行くと女の子がいっぱい立ってたりする。このお店の特徴的なところは、総力戦と言わんばかりの女の子の街宣であろうか。お店の前にも一人、表通りの角にも一人、その間にも一人、みたいな感じでたくさんの女の子が立っている。その女の子たちも積極的に誘ってくるわけでもなく、携帯をいじってたりずっと下を向いてたりとなかなか悲壮感が漂う雰囲気なので、なんとなく可哀そうになってあまり近寄れないのではあるのだが、中目黒でも渋谷でも同じように女の子が立たされていたのでそういう方針なんだろうな。まあランキング1位なのに街宣頼りってのもなかなか不思議な光景ではあるが…。(^-^;;;

てことで入ってみる。中はまあ割とフカフカな椅子だったりと居住性は高め。セット料金と飲み物にプラスしてここでは必ずフードを一品頼まされる。一番安いのでポップコーンが800円ぐらいだったかな。なのでお客さんがみんなポップコーンを食べていた気がする。この辺はたぶん入ってから初めて言われる事になるので、元々セット料金に+1000円ぐらいの予算で考えておくと精神的に健康になれると思う。

3回ぐらい行ったが、大体この店に来た時の他の客層は殆どが1人か2人。あと若者っぽい感じが多いかも。なんというかあまり夜店に慣れてそうなお客さんは少なめの印象。

女の子は白いワイシャツ姿が基本かな。このあたりの雰囲気は統一されていて割といい。特にこの店のまわりがバニー系だらけってのもあって差別化になっているだろう。清楚でお上品なイメージであるが、女の子自体は素人系と玄人系が半々ぐらい。接客に慣れてない感じの箱入り娘的な子も多くいたし、いろんなお店を渡り歩いている精鋭達もいた。そういう意味では若干おとなしめな接客かもしれない。静かに会話を楽しみたい人向けと言えるだろう。

連絡先の交換も禁止されているって事で、どちらかというとお目当てを決めて通うという事を想定していないシステムになっている。刹那的な接客で、一期一会の精神だろうか。まあ間違いなく色恋には発展しそうもない雰囲気。駅近くという立地なので、旅行客などをターゲットにしているのかな。

個人的には、悲壮感漂う女の子の街宣が無くなったら行ってみようかな。それよりも先に、No.1になっているランキングサイトを見つけたい!見つけた方は是非教えて下さい!(o-o;;;
トラックバック0 コメント0
GIRLS BAR ESTA
2016-03-06-Sun  CATEGORY: ガールズバー/スナック
色々とお店にいってはいるが、あまりいい写真が撮れてないのでどうしてもアップまで行かないお店が多いんだが、まあ何も更新しないぐらいならとりあえず何か情報だけでもアップしてみるかってことで、今回は写真はないがよく行くお店のレポートなど。文字だけだとどうしても購買意欲がねーってのは昔から言い続けてたけど、同じようなことをこの前Instagramの有名人GENKINGさんが話してたのを見て「そうだよねえ」って思ったりしたものだが、まあそれでもやはり何もないよりはいいかなってぐらいでかるーく。

てことで、やはり出張先もいいがそろそろ恵比寿のお店を紹介しないとねって事で、今回は恵比寿にあるガールズバーエスタさん。恵比寿に引っ越してきたばかりの時はよく行ってたが、理由は当時「恵比寿 ガールズバー」とかで検索すると検索結果の一番上に出てきたのでっていう。

GIRLS BAR ESTA エスタ
東京都渋谷区恵比寿西1-7-2 ビックストーンビル2F [MAP]
TEL 03 ( 6427 ) 0212
URL http://www.bar-esta.com/


場所は恵比寿駅の西口からすぐ。結構な確率でお店の前に女の子が立っているので歩いているだけでも声をかけられたことがある人も多いのではないだろうか。西口から交番方面の横断歩道を渡り、そのままビックエコーの前までいくとその隣。

そういや自分的な判定でいうと、女の子をお店の前に立たせてるお店は地雷率が高い。いい店は大体街宣しなくてもお客さんがついてるし、女の子を大事にするお店はボーイや店長が立ったりする。長年やってるのにいまだに女の子の街宣に頼るのはまあお察しってところは多い。まあ女の子が自主的に立ってるお店もあるので、そういう所はいいんだけど。さてここはどうだろうね。(^^;;;

先述したように、大体女の子がお店の前で寒そうに立ってるので、その女の子に話しかければそのまま階段を上って案内してもらえる。中に入るとカウンターのみで、パッと見12~15席ぐらいかな。ピンク色の照明がメインとなっている。

システム的にはセット料金と、あとは頼んだ飲み物分だけの値段。今だと飲み放題プランもあるようなので、お好きな方を選択。あとは特徴的なのが、ここは女の子のドリンクがチケット制になっていて、1500円で5枚つづりの販売をしている。有効期限は1か月。つまり1杯換算では300円と相当安い設定だ。逆に安いんでどんどんおねだりされる。まあ1杯あたり安いんでって感じで買うと、ちょうど5枚使い切るように女の子がどんどんチェンジし、ちょうど使い切ったところでお目当ての子が戻ってきてまた1500円分買わないといけなくなったりなど、この店はそういう駆け引きを仕掛けてくるので注意が必要だ。

お酒も女の子がキッチンにいって作る為、お店の中でボーっとして過ごすことが多くなる。お店に入って注文したらしばらく一人、その後ドリンクをねだられて注文してあげるとその酒も作りに行ってまた一人、ようやく乾杯したら別の女の子に交代してまたおねだりから再開。1セット分の時間がそろそろ終わるかという頃に戻ってきて、あんまり話せなかったので延長しようよって言われる。まあ素人にはお勧めできないお店ではある。このあたりの駆け引きについては気を付けた方がいいだろう。

女の子自体は若い子も多く、どちらかというと友達接客のノリが強い。まあガールズバーだしそこはいいだろう。自分が行った時は日本語がそもそも覚束ない感じの留学生もいて、日本語の勉強の為にガールズバーで働いてますと言ってたりもした。お金払って日本語を教えないといけないというのもアレではあるが…。
たまに水着デーとか制服デーとか、なんかいろいろコスプレ系もやっているようなので、興味のある方はそういうのを狙って行ってみてもいいかもね。

客層としては、やはり恵比寿駅の真ん前という事で、集団で飲んでたサラリーマンが終電までの間騒ぎに来たみたいな感じが多いかな。2~3人でワイワイ飲んでる感じと、終電が近くなってくるとなんかソロで飲んでる人もちょいちょい増えてくる。総じて30台ぐらいの若い人が多い。カラオケとかはないのでそんなに騒がしくはないが、テンションとしては高い店なので場合によっては結構うるさい時もある。まあ恵比寿なんでそこまでひどい客はいないんだが、でも最近の恵比寿界隈は下品な人が増えて来たから今後どうなるかはわからんね。この前の土曜日も路上で外人が喧嘩とか、性器まるだしで道路で寝てる大学生とかいっぱいいた。(>_<;

総合すると、ちゃんとお店の駆け引きを理解したうえでうまく転がせば安く飲めて非常にいいお店。ただお店の言われるがままにしてると、ほとんど一人で飲んでるのにとんでもない額を請求されるので、まずは夜店に慣れた人に連れて行ってもらうのがいいだろう。ワンセット終了直前での1番人気投入とか、5枚つづりのドリンク券を6枚使わせるように人数を回してきたりとか、歌舞伎町とかだと当たり前なのかなあとか思うが、恵比寿ではそんなえげつない事してるのこの店ぐらいなので、わざわざここに行かなくてもいいかなぁって思っちゃうんだよね。ノードリンクノー延長で決め打ちで入ってみて、雰囲気に慣れてきたら徐々にって感じがお勧め。^-^)ノシ
トラックバック0 コメント0
<< 2016/03 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2017 DOD BLOG. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。