金沢から恵比寿に引越して出張先でだらだら飲み歩く記録
DOD BLOG
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
香箱ガニ
2007-11-12-Mon  CATEGORY: 食事/グルメ
カニ漁が解禁になり、片町や木倉町などの各店ではどこもかしこもカニ解禁の張り紙がはられて盛り上がっている。都会の方の人はカニ料理といえば何を連想するだろう。ズワイガニやタラバガニなどの大きなカニの足を食べる事を想像すると思うが、北陸地方ではそんなものを食べてる人はほとんどいない。北陸の人間にとってのカニといえば香箱ガニのことを指すのであり、足というよりも甲羅にある味噌などをメインとして食べるのが常識だ。年配の人などは足の部分を残す人も多い。これは北陸のすし屋でマグロを注文すると観光客だと思われるというのと同じようなものだろう。(^-^;;;
さてこのカニであるが、いつもは忘年会の時に食べるのであまりこの時期に食べたことはないのだが、ちょうどタイミングが合ったということもあって解禁祭りに乗ってみることにした。まずは片町を一周して値段や置いている店を調査。やはり焼肉系以外のお店であればどこでも置いてあるな。値段は650円~1500円。まあ居酒屋なんかでも香箱は安くおいてあるけど、本来のカニの味を楽しみたいなら多少高くても寿司屋などに行った方がいい。今回はいろいろ回って迷ったが、カニだけ食べに新規の店に入るのもどうかと思ったので、顔見知りのマ・ターリさんにて出してもらった。

koubako.jpg■ 香箱ガニと菊姫「鶴乃里」
さっそくカニを注文。それと合わせて日本酒を飲もうかとメニューを見ていたら、先日ヨーロッパのコンテストか何かで金賞をとったとニュースでやっていた菊姫「鶴乃里」がたまたま入荷していたとの事で、それも話のネタになるかと思い頼んでみる。
カニは既に調理された状態で、甲羅の中に足などを詰め込んだ状態で出てくる。居酒屋やおでん屋さんなど基本的にはこんな感じで食べやすいように出してくれるので初めての人でも戸惑わずに食べれるだろう。香箱ガニといえども要するにズワイガニのメスって事なんだが、小さなボディに濃縮された味の濃さは相変わらず凄い。栃木や神奈川の友達は冬に金沢に来て香箱を食べて以来、地元でカニが食えなくなったと言っていたが、カニ料理は足を食べるものだと思っている都会の人には是非食べてみてほしいものである。一応季節的には2月ぐらいまではあるとは思うので、通信販売で買ってみるのもいいかもね。近江町市場いきいき魚市のホームページから買えるかな。
菊姫は割と酒臭い感じ。うまいことはうまいんだけど、日本酒の頂点だとかそういうイメージで飲むとアレかも。いい意味で普通の美味しいお酒だな。

旬の話題なので急遽記事を書いてみた。まだ書いていないお店も順次書いていきます。とりあえずSELENEさんとivory coastさんとSpicyさんだな。(^-^;;;
関連記事
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントハマー | URL | 2007-11-16-Fri 00:39 [編集]
日本酒の頂点は大吟醸ではないでしょうか?
菊姫の金賞は純米酒部門での受賞だったと思うので、過度の期待は禁物かと(^^;

ところで、セクキャバだったボディがB・ガールという名前になって、システムもキャバクラみたいになったと聞いたので、レポートお願いできませんか?
コメントlamp | URL | 2007-11-16-Fri 03:01 [編集]
ハマーさんお久しぶりです。(^-^
よくみると日本酒・純米酒部門と書いてありますね。まあでも数ある日本酒の中での金賞ならすごい事には間違いないですけどね。私もやっぱり吟醸酒がすきかなぁ。

B・ガールですか。セクキャバがキャバクラに変わるのが今の片町の主流なんですね。そういえばシンニチビルの地下のコスプレ店、つぶれてました。(^-^;;;
トラックバック
TB*URL
<< 2017/07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Copyright © 2017 DOD BLOG. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。