金沢から恵比寿に引越して出張先でだらだら飲み歩く記録
DOD BLOG
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
琉球ホルモン 片町店
2009-07-26-Sun  CATEGORY: 食事/グルメ
復活記念というわけでもないが、早速会社の同僚と飲みに行くことになったのでカメラ片手に片町へ。沖縄出身との事だったので、久しぶりに泡盛を飲みたいとのことで目的は沖縄料理店。あのへんとかあのへんにあったなぁとか思いつつ行ってみるとすでにラストオーダーだったりして入れず。まだ23時まわったとこだったんですが…。

仕方ないので携帯で色々調べてみると、琉球ホルモンというお店がそういえば出来ていたのを思い出して行ってみる事にした。これは関東メインのチェーン店かな?

horumon1.jpg
場所はスクランブルから歩いて10秒ぐらいのところにあるので、片町に行ったことがある人なら知らない人はいないであろうと思われる。片町を知らない人であっても、スクランブル交差点までいけばいやでも目に入ってくるであろう。

てことでその沖縄出身の青年を連れて二人で店内へ。なんか背広のサラリーマン的な人が一人で食べている感じのテーブルがちらほら。店内も広いので奥のほうにはどんな人がいるのかわからなかったが、入ったすぐのところに座ったので何組か出て行くお客さんは見えたが、わりと4~5人ぐらいで飲みにきているグループもいるようではあった。
店内の雰囲気は、沖縄に行ったことのない人が精一杯琉球風にしてみました的なオブジェクトがちらほらとあり、あとは普通にいい意味で薄汚れた感じの焼肉屋さん。壁にシーサーの絵が描いてあったり、宮古島の暖簾がかけてあったりなど頑張ってはいるが、地元出身者にしてみればあまり琴線に響かなかったようだ。肉を焼く網や煙を吸う機械なんかも特に琉球式ではないらしい。店員も思いっきり関西弁だったりしたのが更にそれを助長していたかもしれない。(^-^;

まあ店内レイアウトに関しては純粋な沖縄出身者じゃない限りそこまでこだわらないかと思う。なんとなく沖縄っぽければいい人が(自分を含めて)大半であろう。まあその沖縄っぽいってのも壁のシーサーとかその辺だけだが。(-_-;
やはり一番重要で気になるのが料理、そしてお酒、特に泡盛であろう。泡盛は何とかわかるが、食に関しては全くわからないので注文は全て任せてみる。ラフティーを頼もうとしたところ品切れといわれたので、豚のホルモン焼きかなんかを頼んだようだ。泡盛は宮古島の菊の露。とりあえずはこれぐらいで様子を見てみることに。
horumon2.jpghorumon3.jpg
焼きつつ色々メニューをみてお勧めを聞いてみると、テビチという豚足が美味しいらしい。あとはミミガーという豚の耳とか。泡盛も「残波ブラック」というのがバナナのようなフルーティーな味がして美味しいらしい。このあたりはさすが二十歳って感じだな。

注文したものも食べ終わり、ラストオーダーも終わったので店を後にすることにした。結局ほとんど何も食べてないな。まあ今回は沖縄料理というターゲットを絞ったにもかかわらず余りにも下準備がなかったので、次は色々調べていってみよう。

まあ総評としては、琉球とかあまりこだわらずに、沖縄料理とか泡盛も置いてある普通のホルモン屋さんだとおもえば悪くないであろう。店内はそこまでは見てなかったが2階もあるらしく、相当な大人数でも収容可能だということだ。女の人でコラーゲンとかが美容にいいとかで気になってる人には、是非テビチを体験してほしいものである。毛が付いたままだったりで普通女性は驚いて食べないらしいけど。(^-^;;

さっそく来週また県外の友達くるので片町かなぁ。でも話の流れ的にはなんか川北の花火大会とか言う話もでてるのでどうなることやら。
関連記事
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Copyright © 2017 DOD BLOG. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。