金沢から恵比寿に引越して出張先でだらだら飲み歩く記録
DOD BLOG
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SHELTER 中目黒 隠れ里
2016-02-03-Wed  CATEGORY: ガールズバー/スナック
金沢から恵比寿に引っ越して早5年。恵比寿を中心として渋谷や目黒なんかでも色々遊んでるので紹介したいお店情報はいろいろあるのだが、なんとなくブログを前提としてお店に行くのと単純に友達と遊びに行くのではやはり勝手も違うので、書こうとしてもなかなか書きにくかったりするんだが、そんな中自分がよく恵比寿で行っているガールズバーシェルターさんの2号店が中目黒にできるっていう事で、昔取った杵柄とばかりにカメラを構えてオープン初日の模様を取材がてら突撃してみることにした。

SHELTER NAKAMEGURO KAKUREZATO
東京都目黒区上目黒3-14-5 ティグリス中目黒Ⅱ2F [MAP]
TEL 03 (6142) 8728
URL : http://kakurezato.info/

よく行く1号店を書く前にまず2号店の事を書くってのも順番が逆な感じだが、新規オープンってのはブログとしては書きやすいのでリハビリにはもってこい。そのうち1号店もレポート書きますよ。そのうちね。

nakameguro_shelter1
場所は地下鉄日比谷線の中目黒駅から、山手通りを青葉台方面にちょっと歩いたビルの2階。
名前の通り、ひっそりと看板がでているのであまり目立たないかもしれない。

nakameguro_shelter2
カテゴリとしてはガールズバーなんだが、内装は本格的なショットバー。お酒の種類も豊富で、しかも飲み放題。
店長の酒知識も豊富で、普通にお酒を飲みに行くだけでも満足度が高い。
珍しいお酒に関しては杯数制限があるけど、それでも酒好きを十分に唸らせるラインナップだ。

nakameguro_shelter3
nakameguro_shelter4
この日は初日とあって、店長が直接お酒を作ってくれた。ただ女の子たちが慣れてくるに従って、徐々にそのあたりは任されていくようになるだろう。
逆に言えば、慣れてないうちはちゃんと店長が美味しいお酒を担保してくれるんだから、そのあたりからも普通のガールズバーと違うこだわりが垣間見れる。

nakameguro_shelter5
開店のお祝いで店長と乾杯したら、サービスにもらった。お店のお勧めであるシーバスリーガルのミズナラを入れたチョコとオレンジピール。ウィスキーバーボン的な大人の味。ちなみに自家製との事で、こういうメニューも結構ある。

メニュー的には、飲み放題がお勧めだが、チャージとショット料金のみで安くというプランも用意されている。基本的には自動延長制なので、気を付けておかないとどんどん料金が加算されていくのだが、時間になったら教えてもらったり、1分程度のオーバーであれば大目に見てくれたりなど、そのあたりも柔軟に対応してくれるので初心者にもお勧めのガールズバーと言える。

絆菜 【シェルター中目黒 隠れ里】あ、ちなみに、ガールズバーなのにまったくガールに関して触れてなかったのでそろそろ書きますが、基本的な衣装は白いバニーガールです。恵比寿は黒いバニーガールなんで、そのあたりはちょっと差別化されている感じだね。この時についてくれた女の子の写真をアルバムに上げてみる(本人了承済み)ので、良ければ参考にして頂きたい。
ただ、色恋的な空気はほぼないし、彼氏いる子は彼氏いると公言してたりするので、そういう意味ではキャバクラ的なのが好きな人はあまりお勧めしない。逆に、紳士的に大人の空間を満喫できる人には絶対に気に入るだろう。

朝までやっているので、恵比寿、渋谷、目黒近辺で、始発待ちなどの方にもお勧め。自分もおそらく頻繁にいます。(^^;
トラックバック0 コメント0
さて続けてどんどんレポートを書いていこう。色々書く店が溜まってくると書くのも億劫になってくるからね。というわけで新しいキャバクラを書いたので次はスナックの新店開発。八億年ビルのJURIAさんである。日曜日も営業中!と八億年ビルのコルクボードにいつも貼ってあるので気になっていたお店でもある。前記事のFeliceさんのポン引き君がこの店のチーママと顔見知りとの事で、案内してもらった感じで初訪問。

JURIA ジュリア
石川県金沢市片町1-11-5 八億年ビル6F
TEL 076 ( 263 ) 7055


八億年ビルはスクランブルのミスタードーナツ前から言うと、夢館II方面にしばらく歩いたところ。うどん屋さんのジャンボ庵の手前のビルだ。

店内に入ると、大きなボックス席とカウンター席。週末という事もあって、ボックスは団体さんで埋まっていたので一人だった事もありカウンターに座る。客層的には割と若い感じかな。25~35歳ぐらい。雰囲気的にはみんな常連のような感じであった。

とりあえずママから軽く料金なんかを聞いて、最初なんで飲み放題にて飲み始める。カウンターで接客してた女の子がそのまま私について、女の子2の客3という状態。新規客はおそらく私だけだろう。通例で言うと、このあと新規客を放置して常連だけで内輪ネタが続くといういつもの状態になるかなぁと思ってたりしたのだが、逆に他のお客さんを放置気味に私に色々話しかけてきていた。ギャル系メイクで無理やり胸の谷間を作ってきたと言っていた若い感じの女の子だったが、このあたりの優先順位の概念が理解できているようで、初めて行く人にも安心してお勧めできる。

お店全体の雰囲気としては、昔行ったじゃがいも紳士さんに似てるかなぁと思った。何が似てるというのも説明はしにくいのだが、時間になってお店を出るときに、ふと昔行った時の光景が頭をよぎったのである。カラオケもあったかな?まぁあったとしても誰も歌ってない感じで、どちらかというと会話重視なお店であろうか。ワーワーと騒がしい感じではなく、話し相手が欲しくなった時にぶらっと寄るような雰囲気だな。

女の子はとりあえずはママと先ほどのギャル系の娘しかついてないので他はよく見てないのだが、だいたい平均として20台中盤ぐらいだろうか。着物やドレスなどではなく、割とカジュアルな印象。そういう意味では先述したように30代前後ぐらいの少人数なグループで訪れるとちょうどいいだろう。

最初という事で飲み放題にしたが、次回はボトルを入れてゆっくりと話をしてみたいな。写真やホームページにもなかなか興味があるようだったので、次回行ったらチャンスを伺って撮ってみよう。
トラックバック0 コメント0
順番が逆になった感があるが、小松に行った際に初めて入ったお店のpourさんである。全く情報がなくどうしようかと途方にくれていたのだが、プレジデント202というビルがどうやら一番栄えているようで、その中から1つ選んで入ってみようと思ったわけだ。
といってもその中でもさらに20~30ほどのお店があり、小松を知らない人間にとっては全て同じに見えてしまう。名前の印象から想像するしかないのだが、あまり悩みすぎると収拾が付かなくなってしまうので、とりあえず看板の1番上から行ってみようということで入ってみる。

pour
石川県小松市土居原町202-1 プレジデント202ビル5F
TEL 0761 ( 22 ) 6789



ビルはJR小松駅の目の前にある。周りに比べて一際明るいのですぐわかると思う。小松への出張などで来た際にはまずここへいくのがスタンダードだろうか。周りにも色々お店があるのだが、テナント形式で飲食店のみが集まっているのは小松ではここだけであろう。

ということでpourさんであるが、エレベータで5階に上りすぐ左手にある。中は結構広い。カウンターが10席ほどあり、後ろにはボックス席が20人分ほどある。カウンターがほぼ満席でボックスには誰もいないことから、カウンターメインのガールズバー的なお店だろう。ちなみにその後すぐ団体さんが来てボックスが埋まってたので、予約なんかであえてボックスをあけてあったのかもしれない。
料金体系も、チャージ(席料)と飲んだ分の料金という事でスナックというよりはバーに近い。3人以上なら飲み放題も選べるということだが、ここでも当然1人である。でもカウンターにいるのはほとんど一人客だったような。スナックというよりはガールズバー的な雰囲気もあってか、客層は落ち着いた感じの紳士な人が多い。
当然初めてということで、最初にママらしきひとがやってくる。とりあえずビールでも貰いつつ、色々見てみる。スタッフは全部で5~6人か。ママはなんか黒光りした女王様(?)的な格好だったな。他の娘はふつうにドレスなど。あとでバーテンぽい格好をした男性も加わった。平均年齢的には結構若そう。ママ自体も30代前半ぽいので、平均でも20歳前半ぐらいじゃないかな。

ママにビールをご馳走しつつ、小松のお勧めのお店なんかを聞いてみる。ショットバーが好きなんだと言ったら、エスメラルダというお店を紹介された。ちょっと不死鳥なんかを想像したが気にしないことにする。とても硬派なバーということでこちらもちょっと気になるな。あとはカジュアルバーなんかをいくつか紹介された。

そんな話をしているうちに、先述した団体さんがやってきてボックスがあっという間に埋まる。ママもそっちに付き、手のつけられていないビールだけが私の前に残された。周りはなんか常連ばかりらしく、私の存在を気にする娘は誰もいない。このあたりはなんか新規客の扱いに慣れてなさそうな感じが。まあ土曜日に一人で来た新規客だから軽視されるのも仕方がないかなという部分はあるんだけどね。そういう事情もわかるので特に何も言わずチェックを出してもらう。この後ブラブラしつつ目に付いたHappy Maniaさんに行くわけだ。

ママ曰くガールズバーじゃなくてスナックらしいのだが、むしろガールズバー的な気持ちで行く方がいいかもしれない。広々としたカウンターや内装等からもバー色が強く醸し出されている。女の子メインというよりは、お酒を飲みに行ったら偶然女の子もいたってぐらいの雰囲気かな。バーが好きな人なら楽しめるだろう。料金もリーズナブルなので、飲み歩く際の前線基地的な利用方法もいいかも。ではでは。^-^)ノシ
トラックバック0 コメント0
今回行ったお店は犀虹ビルにあるスナック花・花さん。なんか野々市にも同じような名前のスナックがあったり、街中の花屋さんにも同名の店舗が多かったりするので色々区別が大変だが、漢字の名前が今回のお店である。野々市のスナックはHANA・花だったかな。順番は自信ないが片方がアルファベット表記だったと記憶している。
このお店を知ったのは結構前なんだが、犀虹ビルのホームページで顔写真付きで紹介されていたのを見てって感じだった。しかし今はなぜか開けなくなってるな。もう止めてしまったのだろうか。それとも単なる調整中かな。よくわからないので一応リンクは貼っておくことにする。

花・花
石川県金沢市片町2-22-1 犀虹ビル3F
TEL 076 ( 265 ) 8787


場所は犀虹ビルの3階。同ビルでいうとキャバクラダリアさんとかがあるビルだな。犀川大橋の目の前のビルで、八番ラーメンの道路を挟んで向かい側というとわかりやすいだろうか。

例によって突然一人で押しかけてみる。ドアを開けると目の前にボックス席が2~3個と、奥にカウンター席が5~6席ほど。まぁ標準的なスナックの広さって感じかな。時間が早かったこともありまだお客さんは誰もいないようだ。むしろママもまだ来ていないとの事で、わりとスロースターターなお店なのかもしれない。とりあえずカウンターに座って落ち着いてみる。女性スタッフはこの時は2人。パッと見の印象だが、20~23歳ぐらいの色気のある艶やかな雰囲気とでも言おうか。キャバ嬢的な派手さとかはないが、ほんとの意味での「いい女」って感じだね。アイドルより女優が好きっていう人にお勧めしたい。余談だが私的にはストライクだったりする。

というわけでウイスキーを濃い目の水割りで飲みつつ色々話を聞いてみる。ビルのホームページの話なんかをしてみると、そもそもビルのホームページの存在自体を今まで知らなかったようで結構驚いていた。まあお店のサイトとかならまだしも、ビルのサイトとなると割と事業者向けな内容になりがちで認知度は低いかもしれないが。しかし載ってる人たちが知らないってのも片町らしいといえばらしいかな。
30分程でママがやってきた。といいつつもいまさらシステムなんかの説明なんてのも無いなという事で、普通に世間話なんぞしてみる。ふと美味しい焼肉屋なんかの話をしていたら、金沢で一番美味いのは私の実家の近くにある某店だという。あとはフクちゃんとか。やはり突き詰めていくとこの辺りのお店に行き着くんだなということである意味意気投合。まぁ私は焼肉自体あまり好きじゃないので、よっぽど美味くないと食べたいとも思わないわけだが。

初回はそんなこんなで時間となりチェック。総評で言えば30代ぐらいのサラリーマンが3~4人で来るといい感じのお店かな。なんかのお祝いとか打ち上げとかそういうのではなく、そういう大人数の飲み会から友達同士で逃げこむ場所的な、知っておくと色々使えそうなお店とでもいおうか。まあほとんどのスナックはそうなるかと思うけどね。長く付き合ってお互い気心が知れてくるとより楽しめるかなと。ギラギラした感じもないので女性客なんかにもいいかもしれない。てなわけで帰宅。^-^)ノシ
トラックバック0 コメント0
ギャルソンヌ (2)
2007-12-21-Fri  CATEGORY: ガールズバー/スナック
そういえば以前の近況報告で書くといっていたギャルソンヌさんの記事をまだ書いてないなと思ったので書いてみる事にする。行ったのはお店のスタッフ撮影の帰りに機材を車に押し込んでから戻っていった感じ。最近写真のある記事が少ないなと思ったので、写真を撮ったお店を急遽押し込んだという説もあるが気にしない。ていうか一応写真を後で見せて載せてもいい?って聞いたんだが、いいよといわれつつも載せないとなんかあったのかと思われるかなという気もするのでね。(^-^;;;

とまあ相変わらずグダグダと関係のない話で尺を伸ばしつつ続報を書いてみる。ふと振り返ると前回スナックと紹介しているな。まぁ料金的にはスナックレベルではあるのだが、基本はボックスメインのラウンジである。低料金ラウンジとでもいおうか、このあたりのお店を表現するカテゴリってなんだろうね( '-')?


直前まで撮影していた私は、大量の機材の運搬で疲れ果てていたので、カウンターに突っ伏して体力回復を計る。ふと横を見るとなにやらシャンパンをみんなで乾杯していたので撮ってみた。んーそういや最近お店でシャンパンを入れた記憶がないな。立場上あまり1つの店に入れ込めないというのも理由としてあるのだけどね。その辺はA型の几帳面人間。
同伴もアフターも2~3年してない気がするな。同伴は会社員時代はしたことあるが今は時間的に無理だし、アフターぐらいの時間になると最近はショットバーで1人で黙々と飲んでる時が一番癒されていたりするのでアレなんだが。ひょっとして精神的に病んでるのか私は。(^-^;;;

そしてようやく本題に。以前から移転して場所が変わった分内装もちょっと変わっている。前はわりとカウンターメインなレイアウトだったのだが、現在はボックスの方に重点がおかれている感じかな。前より多少ムーディー(?)になったという印象が。いい意味でちょっと怪しい雰囲気になったというとわかるかも。
まああとはあんまり昔と変わらない。一品料理なんかもでたりなど昔を知る人には安心だろう。クラブやラウンジってのは、めまぐるしく変化する日常に疲れたビジネスマンの為にいつ行っても変わらない雰囲気を保つというのが売りだからな。毎回行くたびにスタッフ総入れ替えとか気分次第で模様替えとかだとさすがに癒されない。(^-^;;;

てなわけで少しのみ過ぎた感のあるところで退散。お昼近くまで駐車場で仮眠といういつものパターン。駐車場代が余裕で毎月ワンルーム借りれるぐらいなのは内緒だ。いい物件ないかなぁ。
トラックバック0 コメント0
グラマライズ (2)
2007-07-04-Wed  CATEGORY: ガールズバー/スナック
というわけで久々に顔を出したのはグラマライズさん。前回から約半年振りな上、ボトルも無いのでまぁ流石に忘れ去られているだろうという感じである意味気楽に行ってみる事にした。今回は平日なんでまあ前ほどテンパってないだろうと思ったが、当たり前のごとくほぼ満席だ。端っこの方に一人分だけ空きがあったのでなんとか腰を落ち着けることができた。




前回はもう写真とかそれどころじゃなかったので、今回は写真を色々撮ってみる。まず目に入るのがピンクのネオン看板だな。なんとなく前回アメリカンといってたのが分かるだろうか。使われてはいないが頭上にはミラーボールもあったりで派手派手志向だね。

前回ついた娘は今は週末のみになったようでこの日はいなかったが、変わりにというか3人ほどローテーションした。この店初めてですかー?的な話で前回のスコッチさんと名付けられた話なんかをしていたら、どうやらその筋では有名だったらしく一発で話が通じてしまった。握手とか求められたり。どうやらうちのブログを印刷してお店でみんなで読んでいたらしいとか。光栄なんだが前は忙しい中行った事もあって、大して何も書いてなかった気が…。(^-^;;;

ローテーションする間にみんなドリンクを飲んでいたのだが、ここは飲み放題の料金に全て含まれているので、追加料金が発生することはない。いまどき珍しいかもしれない。ドリンク代やサービス料や指名料や同伴料、色々とナイト産業に纏わる不明瞭な料金体系が出てきて、それが業界標準となっていることにあまり疑問を抱かない風潮が蔓延しているからこそ、こういう明朗会計なお店というのはありがたいと思う。
総評としては、雰囲気的にも料金的にも片町初心者というか、夜のお店にあまり行ったことのない新社会人的な人が行くにはいいかもしれない。下手すれば青天井で料金が増えるお店は多いので、慣れてないうちはこういう所のほうがいい。最近はいきなりキャバクラに行って額面通り4,000円ぐらいだと思ってたらなぜか10,000円になっていてもう行かねえ的な人も多いと聞くし。
というかまずこういう良心的なお店で夜遊びを覚えたら、もっとラウンジ派は増えると思うんだけどな。最初の店がキャバクラだったらそりゃあ私も今ごろ片町行ってないかもしれない。(-_-;;;

まあ今回はネタ的にブログネタで終わった気がするので、ぶっちゃけあまりどんな話していたかとか覚えてない。チェック時のあまりの安さが印象的だったのでそれメインに書いてみたが、次回はちゃんと(?)女の子を見てこようと思う。
トラックバック0 コメント0
グラマライズ
2006-11-08-Wed  CATEGORY: ガールズバー/スナック
以前夢館Ⅱの前を通った時にものすごい数の花輪が飾られていて思わず記事にしていた事も記憶に新しいグラマライズさんだが、中日優勝祝いの時に本当は行く予定だったのだが途中で違う店に連れて行かれたので、今回改めて行ってみる事にした。ちなみに花の金曜日ってことでかなり混雑していそうな嫌な予感がしつつではあるのだが。
GLAMORIZE グラマライズ
石川県金沢市片町1-11-14 夢館Ⅱ2F
TEL 076 ( 264 ) 3277
http://a5navi.com/shop-glamorize.html

ちなみに以前片町のホームページを漁っている時に見つけたこのサイトも、電話番号等から同じお店だと想像できる。本文ではグラマービッチになっているがタイトルではWildBossとなっていて微妙によくわからなかったりするのだが、恐らく店名変更の移り変わりの名残が残っているのかもしれない。

場所はご存知夢館Ⅱの2Fである。片町スクランブルのミスタードーナツ前から、パチンコタイガー方面に歩いていくとすぐに見つかるだろう。エレベータを降りて右手に入り口がある。扉を開けて中を見てみると、金曜日ということでどうやらほぼ満席状態。ひとつだけボックスが空いていたのでほっと胸を撫で下ろしつつ案内されるままに席につく。周りを見渡した感じではカラオケは無さそうである。そしてカウンター席らしきものも無さそうで、全てボックス席となっていた。なんか内装はなんというかアメリカン。よくハリウッド映画に出てきそうなそれっぽい感じ。内装から受ける印象は若者向けって感じだね。

とりあえず初めてということで飲み放題のセットにて。ハウスボトルは焼酎とウイスキーとの事でウイスキーを選択。銘柄は何だったかあんまり覚えてない。(^-^;;; なんかあだ名がスコッチさんに命名されたのは覚えているのだが、スコッチではなかったような気がする。店内には女の子が7~8人といったところだが、男性スタッフも2人ほどいた。平均年齢は20台前半といったところだろうか。雰囲気としてはハイテンション系というか盛り上がり系というかそんな感じなんだが、やはり片町随一の人気店というだけあってかわいい娘やセクシーな娘など色々な系統の娘がいて層が厚い感じだった。今回はママが不在だったのでチーママと最後に話をした以外はずっと最初についた娘がついてくれていたな。

周りを見た感じだとわりと一人で来ている人もいたりで気軽にこれる感じか。ただやっぱりイメージとしては3~4人で来るのがベストかも。結構遅くまでやってそうな感じなので、2次会というよりは3次会的なお店かな。程よく酔って盛り上がってきた時に行きたいお店。てなわけで今日は帰宅。^-^)ノシ
トラックバック0 コメント0
MAiKONE ~まいごの子猫~
2006-02-13-Mon  CATEGORY: ガールズバー/スナック
風俗などの紹介雑誌として有名なナイタイでは、毎年「ミスシンデレラコンテスト」というオンライン事業を行っている。お気に入りの子に対してウェブマネーを買い、一票いくらで投票した結果上位を東京に集めてイベントを開こうというものだ。まあその是非に関してはここでは触れないが、そのランキングにはなぜか北陸の部もあったりする。そこでスナックという営業形態でありながら、必ずと言っていいほど上位にランクインし続けるお店がある。見てもらえれば一目瞭然だが、夢館Ⅰの3Fにあるまいごの子猫、通称「マイコネ」である。
MAiKONE まいごの子猫
石川県金沢市片町1-6-3 夢館Ⅰ3F
TEL 076 ( 233 ) 1384
http://a5navi.com/shop-maikone.html

夢館Ⅰは、金沢ワシントンホテルプラザの向かいぐらいにある。多分あの辺りで上空を見上げると大きく「夢館」と書いたビルの看板が見えることだろう。エレベータで3Fにあがると目の前に入り口のドアがある。

営業時間は大体20時から翌1時半ぐらいまでらしい。日曜は休みだが、連休の時はやってるとか。まあ印象としてあんまり休まない店ではあるな。ゴールデンウィークとか年末とか今じゃ当たり前にやってるが、昔は片町でここだけがやってたといわれるぐらい休日営業の先駆者的存在であるらしい。

ということで早速中に入ってみる。店内は結構広くボックスが5つほどと、カウンターが10席ほど。30~40人ほどであれば入れそうな広さであるが、しかしここは女の子の数も多いので意外に入れないのかもしれない。飲み放題はブランデー焼酎がメインで60分。ブランデーはXOだった気がする。ブランデー嫌いなんでここでもシーバスを入れた。

女の子は数多く常時10人ぐらいいる感じ。週末や誕生日などに行くと20人ぐらいいるということだ。年齢層的には18歳から22歳がメインを占めるが、ママをはじめ30前後のベテラン勢もいて非常に個性的である。普通にキャバクラにいてもおかしくないような綺麗な子もいれば、アイドルとしてテレビに出てても差し支えないようなかわいい子もいる。またママをはじめベテラン勢も話し上手で、常に外のエレベータまで客の笑い声が常に聞こえてくるほどに盛り上げてくれる。先のランキングでも、組織票っぽい得票数の上位を抜かせば実質的な上位をこの店で占めている事でも証明されているだろう。

という事でそろそろチェック。この間も常にまわりはどんどんと新しい客がやってきて終始満員御礼状態であった。カラオケは無いものの、二次会などでスタートダッシュをつけるには絶好のお店だなという印象だった。

最後にもらったカードによるとメールマガジンらしきものもあるようだ。このアドレスに携帯から空メールを送ると不定期にイベント情報などを送ってくるらしい。気になる人はまずこのメルマガを見てみるのもいいかもしれない。

てなわけで帰りまつ。-_-)ノシ
トラックバック0 コメント2
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2017 DOD BLOG. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。